診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

記事一覧

高齢者の見え方について

米国眼科学会のホームページに、高齢者の見え方に関する啓蒙活動の記事が掲載されていましたので、以下にご紹介します。 年齢を重ねるにつれて、視機能の維持のために目の定期検診が大切になります。 老眼は40歳…

この記事を見る

スマートコンタクトレンズ

スマートコンタクトレンズは、その名の通り、コンタクトレンズのような形状で、目の表面にコンタクトレンズのように装着すると、さまざまな情報が目の前の視界に映し出されます。 米国モジョビジョン社が開発中のス…

この記事を見る

コントラスト感度と白内障

コントラスト感度。耳慣れない単語かと思います。 コントラスト感度は、視機能を評価する検査の一つで、 その名の通り、コントラスト(明るい暗いの比)を区別する能力です。 例えば、下の「あいうえお」。 文字…

この記事を見る

野菜と果物を多く食べる人は死亡のリスクが低い

「野菜と果物を多く食べる人は少ない人に比べ、死亡のリスクが低い」という、 国立がん研究センターと横浜市立大などの研究チームの結果が、 栄養学の分野で評価の高いJournal of Nutritionと…

この記事を見る

白内障手術後ケアについて

日本では白内障手術が年間120万件ほど行われており、高齢者の増加により今後しばらくは更に手術件数が増加すると推測されています。 米国眼科学会ホームページの患者向けサイトに、白内障手術後ケアなどについて…

この記事を見る

高強度の運動習慣と中心性漿液性網脈絡膜症

高強度の運動習慣が中心性漿液性網脈絡膜症の発症リスクを高めるというイタリアの研究チームの論文が、Am J Ophthalmolの電子版に掲載されました。 中心性漿液性網脈絡膜症は、網膜中央部の黄斑部網…

この記事を見る

大気汚染と加齢性眼疾患

最近、温暖化の影響で、世界各地で大規模な山火事が発生し、甚大な被害が生じています。 同時に、山火事などで飛散する汚染物質が原因となる大気汚染が懸念されています。 世界保健機関(WHO)は「世界に住む人…

この記事を見る

スマホ使用でドライアイの子供が増加

最近、「目が乾く」と感じるお子さんが増えています。 目の表面や涙の性状には問題がないようなのですが、スマホやタブレットを使用する時間が長いお子さんが多い印象です。 このブログでも何度か取り上げています…

この記事を見る

眼科コメディカル ウェビナー2022

7月30日(土)は15時から「眼科コメディカル ウェビナー2022」と題し、Webでの講演会を開催しました。 眼科医療に従事している看護師さんや視能訓練士さんなどがご聴講いただく講演会を私が企画し、例…

この記事を見る

滲出型加齢黄斑変性の治療用ドラッグデリバリーシステム

今回は、JAMA Ophthalmology電子版に掲載された、滲出型加齢黄斑変性の治療用ドラッグデリバリーシステム臨床第3相試験での患者満足度調査の結果を紹介します。 このドラッグデリバリーシステム…

この記事を見る

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.11.27
冬とドライアイ
2022.11.20
ナノ粒子フェノフィブラート点眼薬
2022.11.14
ホームページメンテナンスのお知らせ
2022.11.6
40歳を過ぎたら目の定期検査を
2022.10.30
喫煙は緑内障の視野障害を進行させる
2022.10.23
糖尿病網膜症に対する遺伝子治療
2022.10.16
年末年始の診療について
2022.10.14
2022年米国眼科学会総会
2022.10.9
令和4年11月30日(水)午前:休診
2022.10.8
地中海食は萎縮型加齢黄斑変性の予防に有効

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。