診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

記事一覧

10月10日 「目の愛護デー」

10月10日は「目の愛護デー」です。この日をきっかけに、目の健康や見えることの大切さを考えることを目的に定められました。 「10」という数字を横にしたときの形が、眉毛と目に見えることに由来しています。…

この記事を見る

iPS細胞から網膜作成

山中伸弥先生が世界で初めてiPS細胞の作成に成功したのが2006年。 iPS細胞から網膜色素上皮細胞を作成し、これを加齢黄斑変性患者に移植した、世界初のiPS細胞を利用した再生医療に成功したのが201…

この記事を見る

糖尿病黄斑浮腫の長期治療成績

糖尿病黄斑浮腫は、糖尿病網膜症の進行によって生じた毛細血管の瘤(こぶ)や血管から血液成分が漏れ、黄斑(網膜の中心部)がむくんだ状態です。 その結果、 物を見つめるとぼやけ、視力が低下したり、物がゆがん…

この記事を見る

家庭用光干渉断層計

光干渉断層計(OCT)検査は、患者さんに負担をかけることなく眼底断層像を数ミクロンの精密さで撮影可能な検査で、 加齢黄斑変性や網膜前膜、黄斑円孔、黄斑浮腫といった網膜疾患の診断や治療の評価に必須となっ…

この記事を見る

白内障

目の中の水晶体という透明な凸レンズが濁った状態が白内障です。 出生時に透明だった水晶体は、4歳頃から軽度の濁りが生じ、経年的に濁りが増加します。 初期の白内障では自覚症状がまったくありませんが、進行す…

この記事を見る

深紅色光と視細胞のアンチエイジング

1946年から刊行されている米国で最初の老化・老年学の科学雑誌Journal of Gerontology(老年学雑誌)に、 「40歳以上の方が深紅色光(波長670nm)を1日3分間見つめると、網膜で…

この記事を見る

糖尿病網膜症スクリーニング用AI(人工知能)システム

AI医療技術・サービスを手がけるEyenuk社(米国カリフォルニア州)は、糖尿病網膜症を自動検出するAIシステム(EyeArt®)の販売許可をFDA(米国食品衛生局)から得たことを発表しました。 Ey…

この記事を見る

ファリシマブ、16週間隔の投与で滲出型加齢黄斑変性に有効

日本人の失明原因の第4位である加齢黄斑変性に対する治療薬の開発が相次いでいます。 現在、滲出型加齢黄斑変性の治療は、血管新生に重要な作用を有する血管内皮増殖因子(VEGF)というタンパク質の働きを抑制…

この記事を見る

チョコレートが心筋梗塞のリスクを低下させる

欧州心臓病学会の機関誌であるEuropean Journal of Preventive Cardiologyに チョコレートの摂取で心筋梗塞のリスクが低下するという米国ヒューストンのベイラー医科大学…

この記事を見る

院内ウォーターサーバー使用について

現在、コロナウイルス感染拡大防止のため、院内のウォーターサーバーの使用を中止しています。 飲水をご希望の方は受付スタッフにお声がけいただくか、ご自身で飲料水をご持参ください。 ご協力のほど、よろしくお…

この記事を見る

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.6.26
ブルーライトカット眼鏡でデジタル機器眼精疲労が改善する根拠なし
2022.6.13
絵封筒の ABC
2022.6.7
令和4年お盆休暇
2022.6.6
加齢黄斑変性 サプリメント
2022.6.4
7月27日(水)午前休診
2022.6.2
お酒と緑内障
2022.5.25
6月9日(木) 午後の受付は3時からです
2022.5.21
目の紫外線対策
2022.5.15
2022年 ARVO 年次総会
2022.5.8
花粉症・アレルギー性結膜炎

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。