診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

令和4年度学校保健統計:裸眼視力1.0未満は小学校3割超・中学校約6割・高等学校約7割

11月28日、文部科学省は「令和4年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)」を公表しました。

学校保健統計調査は、学校における幼児・児童・生徒の発育と健康の状態を明らかにすることを目的として、昭和23年度から毎年実施されています。

満5歳から17歳までの幼児・児童・生徒を抽出し、身長や体重測定、眼科、耳鼻科、歯科検診などが実施されます。

令和4年度の調査結果によると、裸眼視力1.0未満の割合は、

幼稚園児では25.0%、小学生で37.9%、中学生で61.2%、高校生では71.6%で、学校段階が進むにつれて高率となっています。

今回公表された結果には、推移をみるために平成24・29・30年、令和元・2・3・4年の結果が掲載されており、令和4年度の裸眼視力1.0未満の割合は、小学生、中学生、高校生で7年間で最高となっています。

ただ、文部科学省は、例年4月1日から6月30日に実施される健康診断が、令和4年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、4月1日から翌年3月31日までに実施することとなり、例年と測定時期を異にしたデータを集計したものとなっており、過去の数値と単純比較することはできないとしています。

とは言え、今回の結果から、子どもの視力低下の傾向が続いている実態が明らかになりました。

都道府県別の結果を見ると、北海道は高校1年〜3年に相当する15~17歳で、裸眼視力1.0未満の割合が全国平均を上回っておりました。

ここ数年、携帯電話やタブレット端末、テレビゲームなどの使用が誘因となり、近視の子どもの増加や発症の低年齢化などが注目されており、予防に向けた啓発活動を眼科医の団体が行っています。

低年齢で近視になったお子さんは、近視の進行が早いことが報告されており、

強度近視では壮年期に緑内障や白内障、黄斑疾患などの発症リスクが高まることも知られています。

何度かこのブログで取り上げました近視予防・進行防止への対策の継続が肝要です。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2024.2.18
若年者の裂孔原性網膜剥離
2024.2.11
自宅照度が高齢眼科患者の自宅活動量を規定 
2024.2.3
適度な運動は眼疾患を予防する
2024.1.27
網膜静脈閉塞症は脳卒中/心筋梗塞/死亡リスクが高い
2024.1.20
滲出型加齢黄斑変性・糖尿病黄斑浮腫に朗報
2024.1.14
強度近視では成人後も近視が進行しやすい
2024.1.6
眼疾患が転倒・骨折のリスクを高める
2023.12.24
2023年最も読まれたJAMA Ophthalmology論文ベスト10
2023.12.17
アルツハイマー病治療薬「レカネマブ」が保険適用に
2023.12.9
教育と近視について

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。