お問い合わせ011-708-1010
月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

こんな症状が出たら

スマホと急性内斜視

2月16日、年に1度の北海道眼科医会総会が開催され、これに先立ち、札幌医大眼科講師の川田浩克先生が「斜視診療の実際」と題しご講演されました。   ご講演の中で、テレビ番組やニュースで取り上げ…

この記事を見る

夜盲症

映画館のように明るい所から暗い所に入ると、初めはよく見えませんが、時間の経過とともに目が慣れてきて、暗がりでも段々と見えるようになります。   これは「暗順応」と呼ばれる現象で、網膜が暗い環…

この記事を見る

突然、片目が見えなくなった

「片眼(視野全体あるいは一部分)が突然見えなくなった。数分から数十分で元どおりに戻った(あるいは回復せず見えないまま)。」 こんな症状を訴えて来院されるご年配の患者さんがおられます。   こ…

この記事を見る

影も見えるし光も走る

「数日前から突然、右目に影が動くようになり、時折、ピカッと端の方で光が走る」 と訴えて受診される患者さんがおられます。(もちろん、左目のこともあります)   影が動く症状を飛蚊症、光が走る症…

この記事を見る

オリンピック眼精疲労

先週は目の疲れやショボショボ感を訴える患者さんがたくさん来られました。 皆さん、「オリンピックの見過ぎかな」って。   平昌オリンピックカーリング女子、日本と英国の3位決定戦の平均視聴率(関…

この記事を見る

スマホと眼精疲労

10月7日(土)、北海道眼科医会の主催で講演会を開催しました。 大阪大学の不二門尚教授はご講演の中で、スマートフォンを目から20㎝以下の近さで使用することの弊害について触れられました。   …

この記事を見る

視界砂嵐症候群(Visual snow syndrome、雪視症)

2ヶ月ほど前に30歳代の女性が来院されました。   「数日前から視野全体に砂を撒き散らしたように見え、かすんで見えにくい。」との訴えです。 「砂嵐の中で物を見ているような、あるいは壊れたテレ…

この記事を見る

IT眼症

「目の疲れ」や「目の奥の痛み」「手元に焦点が合わない」「めまい」などを訴え、 長時間のパソコン作業に従事している20〜30歳代の患者さんが来院されることがあります。   この症状はIT眼症(…

この記事を見る

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2019.4.24
加齢黄斑変性に対する他家iPS細胞を用いた治療の1年後成績
2019.4.19
星状硝子体症
2019.4.11
加齢黄斑変性の新薬、年内承認申請へ
2019.4.2
暗所視支援眼鏡
2019.3.28
2019年ゴールデンウィーク休診日
2019.3.23
私の論文がIOVSに掲載
2019.3.18
3月27日(水)午後、休診
2019.3.13
子供の間欠性外斜視の治療時期
2019.3.8
角膜上皮幹細胞疲弊症に対するiPS細胞治療
2019.3.3
赤外線感知マウス

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

お問合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。
火曜午後は主に硝子体手術・緑内障手術、
金曜午後は主に白内障手術を行います。