ご予約・お問い合わせ011-708-1010
月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

近視予防

ステイホームと視力低下

先日の毎日新聞に、「中国で新型コロナウイルスの感染拡大以降、若者らの視力低下が深刻化している。自宅で過ごす時間が増え、慢性的にスマートフォンやパソコンの画面を見ているためだ。」という記事が掲載されまし…

この記事を見る

眼科3団体が「近視のテレビ報道」に注意喚起

出勤準備の時間帯は、TBSの「あさチャン!」を見ています。 昨年11月6日に放送された「あさチャン!」で、近視が取り上げられ、 「東京都内の小中学生の近視の有病率は70%から90%程度とかなり高い」、…

この記事を見る

学童期の近視進行抑制に関するEBM

令和2年1月号の日本眼科学会雑誌に掲載された、長谷部聡先生(川崎医大)ご執筆の「学童期の近視進行抑制に関するEBM」という総説を紹介します。 EBMはEvidence-Based Medicineの略…

この記事を見る

視機能と認知症

11月7日のNHKテレビ番組で、強度近視による合併症や近視予防などに関する話題が取り上げられました。 屋外での活動や日光に当たることが児童の近視予防に有効であることは以前のブログで紹介いたしました。 …

この記事を見る

睡眠中の明かりが近視を誘発

6月10日、JAMA Internal Medicineという科学雑誌に「明かりをつけての睡眠は肥満のリスクを高める」という主旨の論文が掲載されました。 真っ暗な状態での睡眠と比べ、わずかな明かりでも…

この記事を見る

子供のスマホなどの画面機器使用について

学校検診の視力検査が終了し、検査結果の書類を持参し来院されるお子さんが増えて参りました。 日本や中国などアジアの諸国では学童期の近視が増加傾向にあり、スマホやテレビゲームなどの画面を見る機会の増加が要…

この記事を見る

視力低下の子供が増加中

文部科学省は昨年末の12月21日、平成30年度学校保健統計調査の結果速報を公表しました。(確定値の公表は平成31年3月の予定です。)   文部科学省は、学校における幼児、児童、生徒の発育や健…

この記事を見る

近視治療の点眼薬—Nanodrops(ナノドロップス)

先日のテレビ番組で、ご高名な生物学の先生が「今や点眼薬で近視や老眼が治る時代になった」と仰しゃっていました。   とても興味深い話題ですので、これについて解説させていただきます。 &nbsp…

この記事を見る

木陰での休息が近視を防ぐ

近年、世界的に近視患者が増えています。 特に、我が国や中国、香港、台湾、韓国、シンガポールといった東アジア諸国で急増中です。   文部科学省が2016年に実施した調査によると、裸眼視力が「1…

この記事を見る

学校検診:視力検査

5月24日の午後、小学校の眼科学校検診に行って参りました。 目の表面に病気がないか、斜視はないかなどを検査しました。 この検診に先立ち小学校では視力検査が行われていました。   同日、大阪府…

この記事を見る

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2020.7.3
バイオマスプラスチック点眼ボトル
2020.6.27
ステイホームと視力低下
2020.6.20
網膜色素変性症に対する新たな細胞治療薬の開発
2020.6.14
わずか10日で皮膚細胞から視細胞を作成
2020.6.8
滲出型加齢黄斑変性の治療新薬、使用開始
2020.6.6
診療予約の受付時間
2020.6.4
7月16日(木)休診いたします
2020.5.28
5月29日より新規患者様の診療を再開いたします
2020.5.9
5月21日(木)、終日休診
2020.5.9
5月18日(月)より診療再開

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

ご予約・お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。
火曜午後は主に硝子体手術・緑内障手術、
金曜午後は主に白内障手術を行います。