お問い合わせ011-708-1010
月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ブログ

薬剤性角膜障害

両眼の視力が徐々に低下してきたと訴え、中年の男性が来院されました。 両眼の角膜表面が混濁し、目の表面がザラザラした感じで、目の表面が涙をはじき、目の潤いも悪くなっていました。 すでに半年以上、複数の眼…

この記事を見る

睡眠中の明かりが近視を誘発

6月10日、JAMA Internal Medicineという科学雑誌に「明かりをつけての睡眠は肥満のリスクを高める」という主旨の論文が掲載されました。 真っ暗な状態での睡眠と比べ、わずかな明かりでも…

この記事を見る

加齢黄斑変性新薬:アンキリン反復タンパク質

6月1日(土)、埼玉県大宮市にお招きいただき、滲出型加齢黄斑変性の長期治療について講演して参りました。 懇親会の席で、先日のブログで紹介したノバルテイス社の新薬や、アラガン社が開発中の新薬が話題に上り…

この記事を見る

米国食品医薬品局、2億3200万円の薬剤承認

5月24日、日本の厚生労働省にあたる米国食品医薬品局は、脊髄性筋萎縮症と言う遺伝性疾患に対する治療薬を承認しました。 薬剤価格が212万5000ドル(約2億3200万円)と高額に設定されたため、マスコ…

この記事を見る

子供のスマホなどの画面機器使用について

学校検診の視力検査が終了し、検査結果の書類を持参し来院されるお子さんが増えて参りました。 日本や中国などアジアの諸国では学童期の近視が増加傾向にあり、スマホやテレビゲームなどの画面を見る機会の増加が要…

この記事を見る

日本最古の眼科専門医療機関

新元号「令和」がスタートしました。 ご存知のように令和は万葉集の一節を典拠としています。 万葉集は奈良時代末期(西暦780年頃)に成立した最古の和歌集です。 日本の眼科診療の歴史の始まりは、万葉集の編…

この記事を見る

緑内障診断AI

AI(人工知能)の活用で、健診時の眼底写真から緑内障を検出する過程に医者の関与が不要になるという米国デユーク大学から論文がAmerican journal of Ophthalmology …

この記事を見る

加齢黄斑変性に対する他家iPS細胞を用いた治療の1年後成績

先週末は東京で開催された第123回日本眼科学会総会に参加しました。 総会初日の4月18日、理科学研究所と神戸市立中央市民病院などのチームは、他人のiPS細胞(他家iPS細胞)から作った網膜色素上皮細胞…

この記事を見る

星状硝子体症

間もなくゴールデンウイーク。 今年は、天皇陛下が御退位される4月31日と、新天皇陛下が御即位される5月1日が「国民の祝日」となり、また新たな元号、令和がスタートする特別な連休になります。 ところで、眼…

この記事を見る

加齢黄斑変性の新薬、年内承認申請へ

4月8日、日刊薬業という医薬品産業に関する情報を扱う業界新聞に、「新規加齢黄斑変性薬、年内承認申請へ」という記事が掲載されました。 スイスに本社のあるノバルテイスが、滲出性加齢黄斑変性に対する新たな薬…

この記事を見る

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2019.6.23
薬剤性角膜障害
2019.6.15
睡眠中の明かりが近視を誘発
2019.6.13
令和元年お盆休み
2019.6.7
加齢黄斑変性新薬:アンキリン反復タンパク質
2019.5.31
米国食品医薬品局、2億3200万円の薬剤承認
2019.5.25
6月12日(水)午後の診療
2019.5.25
6月13日(木)受付時間変更
2019.5.23
子供のスマホなどの画面機器使用について
2019.5.7
日本最古の眼科専門医療機関
2019.5.15
緑内障診断AI

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

お問合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。
火曜午後は主に硝子体手術・緑内障手術、
金曜午後は主に白内障手術を行います。