お問い合わせ011-708-1010
月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

国リハ函館視力障害センター主催の講演会

  • 10月29日、国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局 函館視力障害センターが主催する市民公開講座にお招きいただき、講演して参りました。
 
  • 国立障害者リハビリテーションセンター(国リハ)は、障がいのある人々の自立及び社会参加を支援するため、生活機能全体の維持・回復のための保健・医療・福祉サービスを提供するとともに、リハビリテーション技術・福祉機器の開発や専門職員の育成など、障がい者リハビリテーションの中核機関です。
 
  • 函館視力障害センターは、国リハ自立支援局の一部門で、視覚障がい者に対する就労移行支援や自立訓練、施設入所支援の障がい福祉サービスを提供しています。
 
  • 主催の方から「iPS細胞について話をしてください」とご依頼を賜りましたので、「眼科領域における再生治療 iPS細胞・遺伝子治療…」と題し講演いたしました。
   
  • ご聴講いただいた方の多くが視機能障がいをお持ちでした。
  • ですから聴講者の関心は「講演で紹介した治療がいつ自らの治療に施行可能となるのか」です。
 
  • 講演最後に次のようなスライドを用意しました。
  • 75歳の加齢黄斑変性患者さんが、「先生、iPS細胞が認可されたんだって?俺はもう爺さんだから、どうかな?」。私は、「10年経ったら治療は大きく進歩しています。健康に気をつけて、一緒に未来を見ることにしましょう。」。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2020.3.12
4月9日(木)・18(土)休診
2020.3.11
白内障手術後のメラトニン分泌増加
2020.3.5
緑内障による視機能障害を防ぐために今日からできる10項目
2020.2.29
手術当日における新型コロナウイルス感染予防対策
2020.2.24
黄斑前膜
2020.2.14
眼窩底骨折
2020.2.9
眼科3団体が「近視のテレビ報道」に注意喚起
2020.2.4
当院でのウイルス対策
2020.1.28
萎縮型加齢黄斑変性の治療薬 第2相治験結果
2020.1.20
食生活と加齢黄斑変性

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

お問合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。
火曜午後は主に硝子体手術・緑内障手術、
金曜午後は主に白内障手術を行います。