診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

アムスラーチャートと滲出型加齢黄斑変性

アムスラーチャートは黒字に白の線が碁盤の目に引かれ、中心部に小さな丸が描かれている検査表で、変視(物が歪んで見える)や中心暗点(見ようとする部分が暗く見える、欠けて見えない)の有無を簡便にチェックできます。

アムスラーチャート

チェックの仕方は

・まずアムスラーチャートを30センチ離します(近用眼鏡はかけたままです)

・片目を閉じて、片方ずつ検査します

・片目を閉じ、開いている目で検査表の中央の丸い点を見つめてください

・碁盤の目の見え方に違和感がないかを確認します

・次に、閉じた目を開けて少し休憩します

・反対の目を閉じて、開いている目の見え方を同様にチェックします


変視や中心暗点は、加齢黄斑変性や網膜前膜(黄斑前膜)、黄斑浮腫といった黄斑(網膜の中央部)に生じる病気で自覚される症状です。

変視
中心暗点

JAMA Ophthalmologyの電子版に、滲出型加齢黄斑変性の検出についてのアムスラーチャートの有用性に関するデンマークからの論文が掲載されました。

この研究では、滲出型加齢黄斑変性とアムスラーチャートについて既に報告されている10本の論文からのデータを集計し、1890眼について検討しました。

その結果、健康な目の方に滲出型加齢黄斑変性が発症すると、99%の方がアムスラーチャートで見え方の異常を確認することができました。

一方、既に滲出型加齢黄斑変性の前駆病変を有する方では、病状が悪化し滲出型加齢黄斑変性に進行してもアムスラーチャートで見え方の悪化を自覚した方は63%でした。

前駆病変を有する方は既に軽度の変視や小さな中心暗点を自覚しておられることが多く、滲出型加齢黄斑変性に進行し症状が悪化しても、気が付きにくいのかと思われます。

アムスラーチャートは、目が健康な方が目の健康チェックとして行う検査として、とても有用です。

既に目に病気をお持ちの方は、アムスラーチャートで自己チェックするとともに、定期的な眼科検査をすることで、病気の進行を早めに診断することができ、早期治療につながります。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2024.6.14
「目の紫外線対策」- 札幌テレビ「どさんこワイドニュース」
2024.6.7
裂孔原性網膜剥離は世界的に増加傾向です
2024.6.1
慢性腎臓病は加齢黄斑変性を進行させる
2024.5.28
眼疾患では気付かぬうちに視機能障害が進んでしまう
2024.5.18
加齢黄斑変性・糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF療法で自動車運転に必要な視機能の維持を
2024.5.10
ダビンチ手術と緑内障
2024.5.7
6月22日(土)休診です
2024.5.7
5月25日(土)受付は午前10時で終了いたします
2024.4.29
赤色治療(Low-Level Red Light, LLRL)が近視進行を予防
2024.4.19
目に良い食べ物と栄養素

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。