お問い合わせ011-708-1010
月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

突然、片目が見えなくなった

  • 「片眼(視野全体あるいは一部分)が突然見えなくなった。数分から数十分で元どおりに戻った(あるいは回復せず見えないまま)。」
  • こんな症状を訴えて来院されるご年配の患者さんがおられます。
 
  • この症状はズバリ、急性網膜虚血の可能性があります。
  • 急性網膜虚血には、一過性網膜虚血発作(一過性黒内障とも呼ばれます)、網膜動脈分枝閉塞症、網膜中心動脈閉塞症という疾患が含まれます。
 
  • アメリカ眼学会の機関誌Ophthalmologyの10月号に、急性網膜虚血の管理に関する総説が掲載されました。
 
  • 網膜は目の内側の2/3を覆っていて、光を感じ取り脳へ情報を伝達するための神経の膜です。この網膜を栄養する動脈がつまり、網膜の機能障害をもたらす疾患群が急性網膜虚血です。
 
  • 原因は頸動脈の動脈硬化が最も多く、高齢者に多い疾患です。
  • 動脈硬化を起こした血管には脂肪や血栓が溜まりやすく、血栓が剥がれて脳に向かって流れて行く先の一つに網膜動脈があります。
 
  • 剥がれ落ちた血栓は小さくもろいため、動脈をふさいでも溶けてしまうことが多く、目の前が暗くなる症状は一時的で、5~10分で解消します。これが、一過性網膜虚血発作です。
 
  • ところが血栓が溶けず、網膜全体の機能障害が残った疾患が、網膜中心動脈閉塞症です。
 
  • 溶けて小さくなった血栓が流れていき、網膜動脈の細い枝をつまらせると、この動脈枝に栄養されていた領域の網膜が障害され、この部分の視野が見えなくなります。これが網膜動脈分枝閉塞症です。
 
  • 先ほどのOphthalmologyに掲載された総説では、まず類似の症状を起こす疾患を鑑別し、正しく診断した後、ただちに脳外科を受診させるように眼科医を促しています。
 
  • その理由は、急性網膜虚血を患った患者の中に、数日後に脳梗塞を発症する方がいることが報告されているからです。
 
  • しかも一過性網膜虚血発作を何度か起こしている方は、脳梗塞発症のリスクが高いことも知られています。
 
  • 症状が一時的だと言って高を括っていてはいけません。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2019.11.9
11月27日(水)午後の受付時間変更
2019.11.9
視機能と認知症
2019.10.30
受動喫煙が子供の目の成長に悪影響を与える
2019.10.25
目に良い食品
2019.10.15
10月30・31日午後、休診
2019.10.14
飛蚊症と網膜剥離
2019.10.13
10月15日(火),18日と25日(金)は午後も診察
2019.10.5
糖尿病黄斑浮腫治療 ウェブカンファレンス
2019.10.2
11月6日(水)午後休診
2019.10.2
加齢黄斑変性講演会 in 東京

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

お問合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。
火曜午後は主に硝子体手術・緑内障手術、
金曜午後は主に白内障手術を行います。