診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ルテイン

  • ルテインという単語を耳にする機会が増えているかと思います。
  • ルテインを含有するサプリメントの広告を見かけますし、最近はルテインを添加した食品も増えています。
 
  • ルテインは、カロテノイドと呼ばれる緑黄色野菜の赤や黄色のもとになる色素の1つです。
  • カロテノイドには様々な病気の誘因となる活性酸素を除去する作用(抗酸化作用)があり、病気の予防効果を有しています。
 
  • ルテインは、体のいろいろな臓器や皮膚に存在しています。
  • 目では黄斑と呼ばれる網膜の中心部分に存在しています。
  • 目をカメラに例えると、網膜はフイルムに相当し、光を感じ取る神経の膜です。
  • 物を見るには網膜の中央に焦点を合わせますので、黄斑は視力に直結する大切な部位です。
  • 黄斑の“黄”は黄色の色素であるルテインが存在することに由来しています。
 
  • 黄斑のルテインには2つの作用があります。活性酸素の除去と青色光の吸収です。
 
  • 目は生まれてからずっと光に暴露されています。網膜への光照射は活性酸素を発生させ、長期的には網膜に障害をもたらす可能性があります。
  • ルテインは活性酸素を除去、抗酸化作用により黄斑網膜の保護、機能の維持に大切な働きをしています。
 
  • 太陽光には虹でわかるように、赤から青までの光線が含まれています。
  • このうち青色光への長期的な暴露は、網膜で光を感じ取る細胞である視細胞に障害をもたらす可能性があります。
  • ルテインは青色光を吸収し、視細胞に青色光が到達するのを防ぎ、視細胞を保護しています。
 
  • 従って、ルテイン摂取に短期的な効果を期待するべきではありません。長期間で気がつかない効果が現れてくるのです。
 
  • ルテインは、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。
 
  • 加齢黄斑変性という病気の予防にビタミンCやルテインの摂取が有効です。
  • ルテインの推奨摂取量は1日6mgとされています。
  • これは、ホウレンソウ60g(約3分の1束)の含有量に相当します。
 
  • 最近の野菜はビタミン等の含有量が以前と比べ減少傾向にあると言われていますので、さらに多くの野菜摂取が必要となりそうです。
 
  • また、ルテインは体の中で作られず、体に必要な量を食材などから摂取しなければなりません。
 
  • サプリメントやルテイン含有の商品を活用することも有効です。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.6.26
ブルーライトカット眼鏡でデジタル機器眼精疲労が改善する根拠なし
2022.6.13
絵封筒の ABC
2022.6.7
令和4年お盆休暇
2022.6.6
加齢黄斑変性 サプリメント
2022.6.4
7月27日(水)午前休診
2022.6.2
お酒と緑内障
2022.5.25
6月9日(木) 午後の受付は3時からです
2022.5.21
目の紫外線対策
2022.5.15
2022年 ARVO 年次総会
2022.5.8
花粉症・アレルギー性結膜炎

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。