診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

適度な運動は眼疾患を予防する

運動の習慣化は健康的な体型を維持し、日常生活のいろいろな場面でのモチベーション向上につながると言われています。

2020年にInvest Ophthalmol Vis Sci 誌に掲載された米国バージニア大学の研究では、脈絡膜新生血管を誘発させるレーザーをマウス眼底に照射したところ、飼育ゲージ内のランニングホイールで運動していたマウスは、ランニングホイールが設置されていないゲージで飼育されていたマウスと比べ、レーザー照射部位周囲の炎症細胞数が少なく、血管新生を促すタンパク質の発現も少量で、発生した脈絡膜新生血管の体積が45%も抑制されていました。

この研究は定期的に運動を行うことで、加齢黄斑変性のような視機能に重大な影響を与える眼疾患を予防できる可能性を示唆しています。

また、米国カリフォルニア大学の研究では、適度な運動が緑内障の発症・進行を抑制する効果があることが確認されています。

もちろん、運動は糖尿病患者の血糖コントロールを改善し、糖尿病網膜症の発症・進行を予防し、視機能障害のリスクを軽減します。

米国疾病管理予防センター、世界保健機構、米国心臓協会はいずれも1週間に150分、適度な強度の有酸素運動を行うことを推奨しています。

一回に150分の運動はハードルが高いと思われますが、1日30分の運動を1週間に5回行うと150分になります。歩いたり、自転車に乗ったり、水泳やダンス、ガーデニングでも良いようです。

適度な運動強度とは、

・約3キロを30分以内で歩く、

・6.5キロ弱を15分以内のスピードで自転車をこぐ

・階段の上り下りを15分行う

・プールで20分泳ぐ

・水中エアロビックスを30分行う

・ガーデニングを30分行う  

などです。

運動の習慣化は身体のみならず、眼も健康に保つ秘訣のようです。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2024.2.18
若年者の裂孔原性網膜剥離
2024.2.11
自宅照度が高齢眼科患者の自宅活動量を規定 
2024.2.3
適度な運動は眼疾患を予防する
2024.1.27
網膜静脈閉塞症は脳卒中/心筋梗塞/死亡リスクが高い
2024.1.20
滲出型加齢黄斑変性・糖尿病黄斑浮腫に朗報
2024.1.14
強度近視では成人後も近視が進行しやすい
2024.1.6
眼疾患が転倒・骨折のリスクを高める
2023.12.24
2023年最も読まれたJAMA Ophthalmology論文ベスト10
2023.12.17
アルツハイマー病治療薬「レカネマブ」が保険適用に
2023.12.9
教育と近視について

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。