診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ダークチョコレートが視機能を向上

  • 「ダークチョコレートを食べると視機能が向上し、その効果はミルクチョコレートよりも大きい」という研究結果がJAMA Ophthalmologyに掲載されました。
 
  • JAMA Ophthalmologyは眼科領域の学術雑誌の中で評価が高く、信頼性の高い論文が掲載されます。
 
  • 研究の対象者は健康な成人30名で、平均年齢は26歳でした。
  • フラボノイド(ポリフェノールの一種)が316mg入ったダークチョコレートか
  • フラボノイド40mg含有のミルクチョコレートを食べ、
  • 食べる前と食べた2時間後に視力などの視機能検査を行いました。
 
  • この3日後、ダークチョコを食べた人はミルクチョコを、ミルクチョコを食べた人はダークチョコを食べ、同様の視機能検査を行い、ダークチョコとミルクチョコの効果の違いを検討しました。
 
  • その結果、どちらのチョコを食べても視力やコントラスト感度が向上し、
  • 特にダークチョコはミルクチョコと比べ視機能向上が顕著であったと報告しています。
 
  • フラボノイドによる血流量の増加が視機能向上につながったと研究者たちは推測しています。
 
  • フラボノイドなどのポリフェノールという物質には、強い抗酸化作用があり、
  • 動脈硬化などの生活習慣病の予防や血流改善などの効果があります。
 
  • 比較的短時間で作用効果が現れますが、長時間の持続効果はありません。
 
  • 今回の研究はとても興味深く、「ダークチョコを食べると目が良くなる」という印象です。
 
  • ただ、研究対象者が健康な若者30名と少ないこと、摂取後2時間以降も向上した視機能が持続するかについては不明であること、
  • 今回認められた視機能の向上が日常生活においてどの程度有意義であるかについても検討を要するなど、課題があるかと思います。
 
  • チョコレートは何より美味しいですし、健康にも良いし、目の働きにも良さそうです。
 
  • ただ、カロリーや糖質の摂り過ぎは万病の元。「過ぎたるは及ばざるが如し」。ご留意ください。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2020.9.28
iPS細胞から網膜作成
2020.9.23
糖尿病黄斑浮腫の長期治療成績
2020.9.17
10月15日(木)休診いたします
2020.9.14
家庭用光干渉断層計
2020.9.5
白内障
2020.8.28
深紅色光と視細胞のアンチエイジング
2020.8.21
糖尿病網膜症スクリーニング用AI(人工知能)システム
2020.8.11
ファリシマブ、16週間隔の投与で滲出型加齢黄斑変性に有効
2020.8.4
チョコレートが心筋梗塞のリスクを低下させる
2020.8.3
院内ウォーターサーバー使用について

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。