お問い合わせ011-708-1010
月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

痛くないレーザー

  • 網膜の血管がつまり、網膜出血や黄斑浮腫が起こる網膜静脈分枝閉塞症を数ヶ月前に発症された患者さん。
 
  • 網膜出血が概ね吸収されてきましたので、血液の流れが悪くなった網膜にレーザー治療(光凝固術)を行う時期となりました。
 
  • レーザーの説明をしていると患者さんが、
  • 「痛いレーザーと痛くないレーザーがあるんですって?」って。
  • 「その通り。よく調べてらっしゃる。」
  • 「ご安心ください。当院は痛くないレーザーですよ。」
 
  • 数十年間、眼科で使用されている網膜光凝固レーザーは、ある程度の痛みがあります。
  • 最近、従来のレーザー照射条件とは全く異なる条件のレーザー装置が開発され、患者さんの疼痛をかなり減らすことが可能になりました。
 
  • 痛みを感じる神経は網膜には無く、脈絡膜に存在しています。
  • 従来のレーザーは網膜のみならず脈絡膜にも届くため、痛みが強くなります。
  • 新しいレーザーは、従来と比べ低エネルギーでの光凝固が可能となり、網膜に対する熱傷害が大幅に減り、網膜に優しい治療となりました。
  • 脈絡膜への影響が極わずかなので、痛みもわずかとなりました。
 
  • 他にも利点があります。
  • 従来のレーザ−はone shotで1本のレーザー光が発射されます。
  • 一方、新たなレーザーはone shotで複数本(例えば3×3=9本)の発射が可能です。
  • 短時間に多数のレーザーの発射が可能なため、治療時間が短くなりました。
  • 短い照射時間でも安定したパワーで照射でき、均一な凝固斑が得られます。
 
  • 患者さんと治療する側の術者の負担を減らし、レーザー効果の安定化を実現した眼科レーザーです。

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

お問合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。
火曜午後は主に硝子体手術・緑内障手術、
金曜午後は主に白内障手術を行います。