お問い合わせ011-708-1010
月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

食生活と加齢黄斑変性

「西洋風の食生活が加齢黄斑変性の発症リスクを高める」という米国の研究チームの報告が、British journal of Ophthalmologyの電子版に掲載されました。

この研究では18年間経過を追うことができた1278人を対象に、食生活のパターンと加齢黄斑変性の発症との関連が検討されました。

早期の加齢黄斑変性を発症したのは117人、著しい視機能障害が起こる進行期の加齢黄斑変性(滲出型および萎縮型)を発症したのは27人でした。

早期加齢黄斑変性の発症と食生活との間に関連性は認められませんでしたが、

進行期加齢黄斑変性の発症には食生活のパターンが大きく関与していました。

早期加齢黄斑変性は加齢に伴い多くの人で認められる変化であり、食生活の影響が少ないのであろうと推測されます。

一方、進行期加齢黄斑変性の発症には、加齢性変化を加速させ種々の要因が関与しており、その一つが日常生活でどの様な物を好んで摂取しているかなのです。

進行期加齢黄斑変性の発症リスクを下げる食べ物は、葉物野菜・豆類・鶏肉・魚やシーフード、

発症リスクを高める食べ物は、糖質の多い飲料・揚げ物・加工食肉・キャンディやスイーツ・アイスクリームでした。

これらの結果は、従来から報告されている様に

網膜の活性酸素や炎症性反応を減少させる成分を有する食物の摂取が望ましく、

逆に酸素ストレスや炎症性反応を増加させる成分を有する食物の摂取は、進行期加齢黄斑変性の発症リスクとなることを示唆しています。

食事は毎日のことですので、長年の蓄積が病気の発症に影響するのですね。

皆さんもご留意ください。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2020.2.29
手術当日における新型コロナウイルス感染予防対策
2020.2.24
黄斑前膜
2020.2.14
眼窩底骨折
2020.2.9
眼科3団体が「近視のテレビ報道」に注意喚起
2020.2.4
当院でのウイルス対策
2020.1.28
萎縮型加齢黄斑変性の治療薬 第2相治験結果
2020.1.20
食生活と加齢黄斑変性
2020.1.17
2月10日(月)内装工事のため休診
2020.1.17
2月5日(水)午後休診
2020.1.16
学童期の近視進行抑制に関するEBM

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

お問合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。
火曜午後は主に硝子体手術・緑内障手術、
金曜午後は主に白内障手術を行います。