診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

萎縮型加齢黄斑変性に対する治療薬

アステラス製薬が開発中の萎縮型加齢黄斑変性に対する治療薬が、8月4日米国食品医薬品局(FDA)、8月18日欧州医薬品庁(EMA)から販売承認を受けました。

加齢黄斑変性は高齢者の失明原因の主要な疾患で、世界中でおよそ3000万人から5000万人が罹患していると言われています。

加齢黄斑変性の初期には、網膜の裏にドルーゼンと呼ばれるリポ蛋白が蓄積します。

ドルーゼンには補体C3やC5が含まれており、これらの補体の活性化が炎症を惹起し、加齢黄斑変性の進行につながると考えられています。

慢性的な炎症が持続することで、萎縮型加齢黄斑変性では網膜色素上皮細胞や視細胞が消失し、地図状萎縮と呼ばれる黄斑部網膜の萎縮領域が次第に拡大するため、視機能障害が進行します。

今回承認された萎縮型加齢黄斑変性に対する治療薬は、補体C5の作用を阻害するRNAアプタマーと呼ばれる核酸医薬品です。

第3相臨床試験では萎縮型加齢黄斑変性の750人ほどの患者に本薬剤を毎月、目の中に注射した結果、投与後12カ月の時点で地図状萎縮の進行を27~28%抑制することが確認されました。

一方、薬剤投与に伴う問題となるような有害事象は認められませんでした。

日本では加齢黄斑変性患者の約10%が萎縮型加齢黄斑変性で、残りの90%が滲出型加齢黄斑変性と報告されており、欧米人と比べると萎縮型加齢黄斑変性は少ないのですが、日本でも萎縮型加齢黄斑変性の患者さんは確実に増加中です。

今まで、萎縮型加齢黄斑変性に対する有効な治療法がありませんでしたので、今回の薬剤の承認は朗報です。

日本でもいずれ本薬剤が承認されるものと期待されます。

地図状萎縮が小さな時期に本薬剤で治療することで、より良好な視機能を維持し、生活の質の維持につながると思われます。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2024.7.11
減量薬は前部虚血性視神経症のリスクあり?
2024.7.4
中外製薬 眼科医配布パンフレット「Ask the expert in nAMD」
2024.7.1
Retina update seminar in Chugoku〜明日から役に立つアレ!〜
2024.6.14
「目の紫外線対策」- 札幌テレビ「どさんこワイドニュース」
2024.6.7
裂孔原性網膜剥離は世界的に増加傾向です
2024.6.1
慢性腎臓病は加齢黄斑変性を進行させる
2024.5.28
眼疾患では気付かぬうちに視機能障害が進んでしまう
2024.5.18
加齢黄斑変性・糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF療法で自動車運転に必要な視機能の維持を
2024.5.10
ダビンチ手術と緑内障
2024.5.7
6月22日(土)休診です

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。

© HIKICHI EYE CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.