診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ピロカルピン:老眼治療点眼薬

2019年12月22日のブログで、開発中の老眼治療点眼薬の第3相臨床治験が計画されていることを紹介しました。

2021年11月、ブログで紹介した、瞳を小さくする(縮瞳)作用で、ピントの合う距離が長くなるピンホール効果を利用し、手元の見えにくい老眼の症状を改善させる点眼薬が、世界初の老眼を適応とした治療薬として、FDA(米国食品医薬品局)の承認を受けました。

第3相臨床治験では40〜55歳の成人男女750人が参加し、治療薬の効果が検討され、「薄暗がりでの遠方視力の低下を伴わない近方視力の改善」が確認されました。

1日1回の点眼で、点眼15分後から手元の見え方が改善し、30日間連続の点眼で最長6時間、効果が持続したそうです。

この点眼薬の主成分は、緑内障の治療薬として使用されているピロカルピンという物質で、緑内障治療として一般的に使用されている点眼薬よりは低濃度(1.25%)です。

緑内障点眼薬では縮瞳作用が強力なため、目の中に入る光の量が減り、視界が暗くなります(暗黒感)。

老眼治療薬の濃度では、暗黒感の副作用は現れないようですが、頭痛と充血が5%の患者さんで生じたと報告されています。

緑内障治療では、濃度が2%のピロカルピン点眼薬を用いることが多く、1日3~5回点眼します。

ピロカルピン緑内障点眼薬は以前から眼科で使用されている薬ですが、暗黒感の他に、白内障の進行や目の刺激感・眼痛、下痢や発汗・唾液分泌増加といった副作用が起こり得ることや、新たに登場した緑内障治療薬の効果が良好なことなどの理由により、最近はあまり使用されていません。

老眼は、目の中にある水晶体が加齢に伴い弾力を失うことで、近くにピントを合わせる調節力が低下し、近くが見えにくくなった状態です。

今回の老眼治療点眼薬は、ピンホール効果を利用して、近くが見やすくなる効果を期待する薬ですので、加齢による老眼の原因そのものを改善させるわけではありません。

現時点で日本では未承認ですので、医療機関で処方することはできませんが、

お困りの症状を緩和させる治療法のひとつとして、近い将来、日本でも選択肢が増えることが期待されます。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.6.26
ブルーライトカット眼鏡でデジタル機器眼精疲労が改善する根拠なし
2022.6.13
絵封筒の ABC
2022.6.7
令和4年お盆休暇
2022.6.6
加齢黄斑変性 サプリメント
2022.6.4
7月27日(水)午前休診
2022.6.2
お酒と緑内障
2022.5.25
6月9日(木) 午後の受付は3時からです
2022.5.21
目の紫外線対策
2022.5.15
2022年 ARVO 年次総会
2022.5.8
花粉症・アレルギー性結膜炎

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。