診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

iPS細胞から作成した網膜視細胞を網膜色素変性症患者に移植

神戸アイセンター病院の研究チームは、iPS細胞から作成した網膜視細胞を網膜色素変性症の患者に移植する手術を10月上旬に無事終了したと発表しました。

今回の手術は、iPS細胞から作成した網膜視細胞を人に移植する、世界初の臨床研究です。

神戸アイセンター病院の研究チームは、平成26年に加齢黄斑変性の患者にiPS細胞から作成した網膜色素上皮細胞を移植し、世界で初めてiPS細胞を用いて人の治療を行い、大変話題となりました。

病気の原因は異なりますが、網膜色素変性症と加齢黄斑変性では網膜の視細胞と色素上皮細胞の働きが低下し、重篤な視機能障害をきたします。

視細胞は目に届いた光を感じ取る細胞です。色素上皮細胞は視細胞の働きをサポートしており、色素上皮細胞の働きが悪くなると、視細胞の機能が低下してしまいます。

色素上皮細胞が悪くなった目に色素上皮細胞を移植することで、色素上皮細胞の働きが改善し、視細胞が減っていくのを止めることができるのです。

逆に言うと、視細胞の障害が既に進行していると、色素上皮細胞を移植しても、視機能の回復は望めません。

視機能の回復には視細胞機能の回復が不可欠な症例があり、視細胞移植が必要となります。

視細胞は脳と同じ中枢神経の一部で、脳と同様に再生することは難しいと思われていました。

しかし、近年ではiPS細胞から網膜を作ることができるようになってきました。

神戸アイセンター病院の研究チームは、「今回の臨床研究は、これまで有効な治療法がなかった網膜色素変性症の治療法としてだけではなく、再生しないとされてきた中枢神経の細胞の手術という意味でも大きな進歩だ。中枢神経の再生は多くの患者、医療従事者の長年の夢であり、ほんの小さな1歩だが、無事に踏み出せたことは非常に感慨深い」と記者会見で述べています。

再生医療は急ピッチで進歩しており、近未来の治療法は大きく変わっていくことが期待されます。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.11.27
冬とドライアイ
2022.11.20
ナノ粒子フェノフィブラート点眼薬
2022.11.14
ホームページメンテナンスのお知らせ
2022.11.6
40歳を過ぎたら目の定期検査を
2022.10.30
喫煙は緑内障の視野障害を進行させる
2022.10.23
糖尿病網膜症に対する遺伝子治療
2022.10.16
年末年始の診療について
2022.10.14
2022年米国眼科学会総会
2022.10.9
令和4年11月30日(水)午前:休診
2022.10.8
地中海食は萎縮型加齢黄斑変性の予防に有効

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。