診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

チョコレートが心筋梗塞のリスクを低下させる

欧州心臓病学会の機関誌であるEuropean Journal of Preventive Cardiologyに

チョコレートの摂取で心筋梗塞のリスクが低下するという米国ヒューストンのベイラー医科大学からの論文が掲載されました。

この論文は、過去に報告された複数の論文のデータを集積し、総括的に評価するメタ解析という手法を用いて、チョコレートの摂取量と心筋梗塞の発症頻度について解析しました。

メタ解析を用いることで研究対象の症例数が多くなり、比較的小さな変化も検出しやすくなる利点があります。

論文では1週間に1回あるいは1ヶ月に3.5回よりも多い頻度でチョコレートを食べる人は、心筋梗塞の発症リスクが明らかに低いことが明らかにされました。

チョコレートには心臓や血管を保護する作用の栄養素が含まれています。

カテキン、エピカテキンなどのフラバノール(カカオフラバノール)が豊富に含まれており、血が固まり易くなるのを抑え、血管の内側を裏打ちする細胞の機能を改善させます。

カフェインに代表されるメチルキサンチン類も含まれており、心血管機能に良い効果があります。

ステアリン酸には、血を固まらせる作用のある血小板の数を減らす効果があります。

さらにチョコレートに含まれるポリフェノールは一酸化窒素合成酵素の働きを高めます。

一酸化窒素は、血管を拡張させ血圧を下降させる作用や、血小板の凝集を抑え血管が詰まるのを予防する働きをしています。

しかしながらチョコレートの食べ過ぎは、糖質・脂質の取り過ぎやカロリーオーバーを招きますので、要注意です。

株式会社明治のホームページによると、板チョコ3〜5片が一日の推奨摂取量とされています。

網膜動脈閉塞症と網膜静脈閉塞症は網膜血管が詰まり、視機能が障害される病気です。虚血性視神経症は視神経を栄養する血管が詰まり、視神経の働きが障害される病気です。

これらの目の病気に対するチョレートの効果について、現時点では定かではありませんが、ダークチョコレートを食べると視機能が向上し、その効果はミルクチョコレートよりも大きいという研究が報告されています

美味しいチョコレートが健康にも目の働きにも良いのは嬉しいですね。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2024.6.14
「目の紫外線対策」- 札幌テレビ「どさんこワイドニュース」
2024.6.7
裂孔原性網膜剥離は世界的に増加傾向です
2024.6.1
慢性腎臓病は加齢黄斑変性を進行させる
2024.5.28
眼疾患では気付かぬうちに視機能障害が進んでしまう
2024.5.18
加齢黄斑変性・糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF療法で自動車運転に必要な視機能の維持を
2024.5.10
ダビンチ手術と緑内障
2024.5.7
6月22日(土)休診です
2024.5.7
5月25日(土)受付は午前10時で終了いたします
2024.4.29
赤色治療(Low-Level Red Light, LLRL)が近視進行を予防
2024.4.19
目に良い食べ物と栄養素

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。