診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

新年に臨んで

  • 明けましておめでとうございます。
 
  • お陰様で当院は、今年の5月で開業4年目を迎えます。
  • ひとえに、患者様にご支持いただいた賜物と感謝しております。
  • 今後も質の高い医療をご提供できるよう、スタッフ一同、努力して参ります。
  • 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
  • お正月の新聞記事には、年頭にあたり2019年を占う記事が載っており、
  • 今年注目の一つとして、IoT(Internet of Things)の普及が取り上げられていました。
 
  • IoTは、さまざまなモノがインターネットを通じてつながることで、情報交換や相互制御を可能にするシステムです。
  • IoTの普及や導入の流れは、医療分野においても2019年を象徴する動きになるのではと思われます。
 
  • 例えば、コンピューターやタブレット、携帯電話などに収められた医療検査情報を、インターネットを利用することで、遠隔地で検査結果等を確認することが可能になります。
 
  • 遠隔診療は幅広い分野で導入が進められていくと予想されます。
  • 多くの検査が電子媒体に保存されている眼科医療は、少なくとも機器などのハード面において、IoTの導入・普及のハードルは高くないように感じます。
 
  • さらに、多数の施設から検査結果を一つに集約することで、従来では考えられなかったような多数の患者情報を収集することができます。
  • いわゆるビッグデータの構築です。
 
  • ビッグデータは、病態解明や疾患予防に貢献するとともに、
  • 人工知能(AI)による解析のための情報源となり、医療分野におけるAI導入を推し進める原動力になると期待されます。
 
  • 情報技術や通信技術の進歩を医療分野に応用することで、従来の殻を破る新たな進歩や展開を生み出すのです。
 
  • 年の終わりに、医療分野においてIoTの普及がどこまで進んだか、検証したいと思います。
 
  • 皆さんも、注目していてください。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.11.27
冬とドライアイ
2022.11.20
ナノ粒子フェノフィブラート点眼薬
2022.11.14
ホームページメンテナンスのお知らせ
2022.11.6
40歳を過ぎたら目の定期検査を
2022.10.30
喫煙は緑内障の視野障害を進行させる
2022.10.23
糖尿病網膜症に対する遺伝子治療
2022.10.16
年末年始の診療について
2022.10.14
2022年米国眼科学会総会
2022.10.9
令和4年11月30日(水)午前:休診
2022.10.8
地中海食は萎縮型加齢黄斑変性の予防に有効

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。