診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

アレルギーの季節到来!

  • 北海道もやっと春の陽気となって来ました。
  • 札幌では4月26日、桜も梅も開花しました。
 
  • 春の訪れとともに増えるのがアレルギー性結膜炎。
  • この季節、北海道ではハンノキやシラカバの花粉が原因となります。
 
  • 目のかゆみや充血、目やに、涙目といった症状が出現します。
  • 鼻炎を伴うと鼻水やくしゃみも加わります。
 
  • 症状は起床時と夜・就寝前に強くなる傾向にあります。
  • 早朝や夜のリラックスした状態では副交感神経の働きが活発となります。
  • 副交感神経はアレルギー反応を増強させるため、症状が強くなるのです。
 
  • 目がかゆいと目をこすってしまいますが、実は逆効果。
  • 目をこすると結膜が刺激され、炎症反応が助長され、ますますかゆくなります。
 
  • どうしてもかゆい時は、冷やした点眼液をさしたり、瞼の上から保冷剤で目を冷やすのが効果的です。
 
  • 冷やすとアレルギー反応で拡張した血管が収縮し、結膜や瞼のむくみが改善します。
  • さらに、冷やすと交感神経が刺激され、副交感神経の働きが抑えられ、症状が緩和されます。
 
  • 治療はアレルギー反応を抑える抗アレルギー剤や炎症反応を抑えるステロイド剤の点眼を行います。
 
  • 重症なタイプでは、抗アレルギー剤やステロイド剤の点眼でも良くならないことがあります。
 
  • このような症例では、炎症反応を根元から抑える点眼薬が適応となることがあります。
  • 劇的な効果が期待できるのですが、細菌やウイルスへの抵抗力が弱くなるため、しっかりとした管理が必要です。
 
  • 点眼薬は進歩していますので、お困りの方は眼科医にご相談を。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.11.27
冬とドライアイ
2022.11.20
ナノ粒子フェノフィブラート点眼薬
2022.11.14
ホームページメンテナンスのお知らせ
2022.11.6
40歳を過ぎたら目の定期検査を
2022.10.30
喫煙は緑内障の視野障害を進行させる
2022.10.23
糖尿病網膜症に対する遺伝子治療
2022.10.16
年末年始の診療について
2022.10.14
2022年米国眼科学会総会
2022.10.9
令和4年11月30日(水)午前:休診
2022.10.8
地中海食は萎縮型加齢黄斑変性の予防に有効

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。