診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

「2〜3分、右が見えなかった」

  • 先日、70代の女性が受診されました。
  • 「昨日の午前中、右が見えなくなることが何度か続いた。」とのことでした。
 
  • さらにお話を聞くと、見えなくなる症状が2〜3分続き、その後、元どおりに見えるように戻った。これが数回、午前中に起きたそうです。
  • その後、症状は出現しなくなったそうです。
 
  • 私:「右が見えなくなったとは、右目が見えなかったということですか?」
  • 患者さん:「右側が半分、見えませんでした。」
  • 私:「その時、片目をつぶって、どちらの目に症状が出ているか確認してみました?」
  • 患者さん:「いいえ、していません。」
  • 私:「高血圧やコレステロールが高いということはありませんか?」
  • 患者さん:「高血圧です。コレステロールが高めだって言われています。」
 
  • 視力は正常で、目の中も特に病気はありませんでした。
  • あえて言うと軽度の白内障。網膜血管には動脈硬化の所見を認めました。
 
  • 網膜血管は以前から全身の動脈硬化の指標として使われています。
  • 高血圧や高脂血症(高コレステロール血症)は動脈硬化の危険因子です。
 
  • 症状が出現した時、右目をつぶっても、左目をつぶっても、視野の右側半分が見えなかったものと推測されます。
  • この症状は、「右同名半盲」と呼ばれています。
  • 左側の脳に病気があると起こりえる症状です。
  • 症状が一過性でしたので、動脈硬化の影響もあり、一時的に脳の血流障害が起きたのではと推測しました。
 
  • 患者さんの通院しやすい脳外科に検査を依頼しました。
  • 数日後、紹介した脳外科から「左の側頭葉に小さな脳梗塞が見つかりました。症状に一致する部位です。」とのお返事をいただき、治療が開始されたそうです。
 
  • 目からの視覚情報は、脳に伝わり認識されます。
  • 脳に異変があっても見え方に問題が生じます。
  • もちろん患者さんは、見え方の異常を訴え眼科を受診されます。
  • 病気によって症状に特徴がありますし、全身状態も病気の鑑別に大切です。
 
  • 症状が一過性であっても、重大な病気が潜んでいることもありますので、
  • 今回の患者さんのように受診することが大切です。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.6.26
ブルーライトカット眼鏡でデジタル機器眼精疲労が改善する根拠なし
2022.6.13
絵封筒の ABC
2022.6.7
令和4年お盆休暇
2022.6.6
加齢黄斑変性 サプリメント
2022.6.4
7月27日(水)午前休診
2022.6.2
お酒と緑内障
2022.5.25
6月9日(木) 午後の受付は3時からです
2022.5.21
目の紫外線対策
2022.5.15
2022年 ARVO 年次総会
2022.5.8
花粉症・アレルギー性結膜炎

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。