診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

高齢者の見え方について

米国眼科学会のホームページに、高齢者の見え方に関する啓蒙活動の記事が掲載されていましたので、以下にご紹介します。

年齢を重ねるにつれて、視機能の維持のために目の定期検診が大切になります。

老眼は40歳を過ぎた頃から始まりますし、加齢性の目の病気を患っていない人でも、何となく見え方に違和感を感じるようになります。例えば、白いテーブルの上にある白いコーヒーカップのように、周囲の色に似た色の物体が徐々に識別し難くなります。これはコントラスト感度が年齢とともに低下するからです。

また歳を取ると、周囲の明るさの違いによって見え具合が変動するようになりますし、明るい所から暗い所に移動すると、目が慣れるまでに時間がかかるようになったり、暗さに順応できなくなったりします。

明暗への順応が悪くなることで、夜や雨の日の車の運転がし難くなります。

緑内障などで周辺の視野が狭くなったり、眩しさや光のギラつきが強く感じるようになると、車の運転に支障を来たすようになります。

従って、高齢ドライバーは、日中に運転し夜間の運転は控える・スピードを控えめにする・交差点付近では十分注意を払うことが求められます。

さらに車の窓ガラスは内も外もきれいに保ち、メガネのレンズに傷や汚れを付けないようにしましょう。できるだけ光の散乱を減らすことで、眩しさや光のギラつき感が多少緩和されるかもしれません。

65歳を過ぎたら、年に1、2回は眼科で検査を受けましょう。

定期検査は、病気の早期発見につながります。

病気が早期に発見され、早期に治療が開始されることが、良好な治療成果をもたらします。

眼科の定期検査では

加齢黄斑変性・糖尿病網膜症・緑内障・白内障などの病気の有無や進行状況をチェックすることができます。

さらに眼底検査をすることで、全身の動脈硬化の様子を推測することもできます。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2024.7.11
減量薬は前部虚血性視神経症のリスクあり?
2024.7.4
中外製薬 眼科医配布パンフレット「Ask the expert in nAMD」
2024.7.1
Retina update seminar in Chugoku〜明日から役に立つアレ!〜
2024.6.14
「目の紫外線対策」- 札幌テレビ「どさんこワイドニュース」
2024.6.7
裂孔原性網膜剥離は世界的に増加傾向です
2024.6.1
慢性腎臓病は加齢黄斑変性を進行させる
2024.5.28
眼疾患では気付かぬうちに視機能障害が進んでしまう
2024.5.18
加齢黄斑変性・糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF療法で自動車運転に必要な視機能の維持を
2024.5.10
ダビンチ手術と緑内障
2024.5.7
6月22日(土)休診です

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。