診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

野菜と果物を多く食べる人は死亡のリスクが低い

「野菜と果物を多く食べる人は少ない人に比べ、死亡のリスクが低い」という、

国立がん研究センターと横浜市立大などの研究チームの結果が、

栄養学の分野で評価の高いJournal of Nutritionという学術雑誌に掲載されました。

研究では、全国10都府県に住む40~69歳の調査対象者約9万5千人を約20年間追跡し、

食物摂取頻度調査票を用いて、野菜と果物の摂取量をそれぞれ5グループに分け、

野菜と果物の摂取量と死亡リスクとの関連を調査しました。

その結果、野菜や果物の摂取量が少ないグループに比べ、果物摂取量が多いグループでは全死亡リスクが約8〜9%低く、心臓血管死亡リスクが約9%低く、

野菜摂取量が多いグループでは全死亡リスクが約7〜8%低いことがわかりました。

ただ、野菜や果物の摂取量が多いほどリスクが下がるという訳ではありませんでした。

死亡リスクを低下させるのに推奨される摂取量は、野菜は300g以上、果物は140g以上とのことです。

以前のブログで「目に良い食品」として、ビタミンA、C、E、オメガ3脂肪酸、ルテンイン・ゼアキサンチン、亜鉛を豊富に含む食品を紹介しました。

今回は目の疾患別に、お勧めの食品を紹介します。

白内障の予防効果のある食品については多くの研究がなされており、

白内障の発生・進行の原因となる活性酸素を減少させる効果のあるカロテノイド(ルテイン、ゼアキサンチン)、ビタミンCやEなどを豊富に含む野菜や果物を摂取することで、

白内障のリスク軽減できることが示されています。

加齢黄斑変性も白内障と同様に、活性酸素を減少させる効果のある成分を多く含む食品の摂政が推奨されています。

ビタミンC、ビタミンE、ルテインやゼアキサンチン、亜鉛を摂取することで、

加齢黄斑変性の重症化を減らす効果が確認されており、

これらの成分を全て含んだサプリメントの服用が推奨されています。

緑内障では、活性酸素を減少させる食品の摂取による効果は弱いと報告されています。

眼科医療のための点眼薬や眼科薬剤の製造・販売を行っている参天製薬は、緑内障の進行予防と治療効果の向上を目的に、松樹皮エキスとビルベリーエキスを配合したサプリメントを販売していります。

本サプリメントの成分には視神経の血流改善作用がある可能性が報告されており、

緑内障で障害される視神経機能の維持に寄与するのではと推測されています。

活性酸素は、白内障や加齢黄斑変性の発生・進行の原因となるのみならず、

全身の種々の病気の発生・進行の原因となります。

野菜や果物には、活性酸素を減少させる効果のある成分を豊富に含むものが多いため、

いろいろな食品を食べて病気の予防に努めましょう。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2023.1.29
令和5年2月1日よりオンラインでの診察予約が可能となります
2023.1.29
加齢黄斑変性とシャルル・ボネ(チャールズ・ボネット)症候群
2023.1.21
視界の端でピカッと光ったら
2023.1.15
飽和脂肪酸と加齢黄斑変性
2023.1.9
滲出型加齢黄斑変性の治療に関するご質問
2022.12.25
黄斑網膜神経線維層の厚みで認知機能の低下を予見できる
2022.12.19
糖尿病治療薬メトホルミンと加齢黄斑変性
2022.12.11
網膜色素上皮細胞の移植
2022.12.5
遺伝性網膜ジストロフィに対する遺伝子治療
2022.11.27
冬とドライアイ

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。