診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

ブルーライトカット眼鏡でデジタル機器眼精疲労が改善する根拠なし

眼精疲労は、眼を使う仕事を続けることで目の痛み・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの眼症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、目を休めたり睡眠をとっても十分に回復しない状態をいいます。

目に病気があって眼精疲労が生じることもありますが、度の合わない眼鏡を使用していたり、老眼で無理な近業作業を行うことが原因となります。

最近はパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器を使用する機会が増えたため、これが原因の眼精疲労、デジタル機器眼精疲労が増えています。

先日、米国眼科学会の機関紙 Ophthalmology の電子版に、デジタル機器眼精疲労に対する治療の有効性や安全性について、過去に報告された研究結果を集計・解析した豪州メルボルン大学の研究が掲載されました。

この研究では、デジタル機器による眼精疲労の治療として有効かもしれないと過去に報告された種々の治療をそれぞれ検証し、再評価しています。

その結果、以下のような結果が報告されました。

・パソコン作業中に装用する眼鏡は、単焦点レンズでも累進焦点レンズでも眼精疲労の度合いに差は認められない。

・ブルーライトカット眼鏡を装用しても、眼精疲労の症状は緩和しない。

・ビルべリーなどのベリー抽出サプリメントを内服しても眼精疲労の症状は緩和しない。

・オメガ3脂肪酸のサプリメントには、パソコン作業で誘発されるドライアイの改善効果がある。

・トマトや人参などに含まれ抗酸化作用があるカロテノイドの眼精疲労緩和効果については明らかになっていない。

残念ながら現時点では、デジタル機器の使用で生じた眼精疲労に対する有効性が確認されている食品やサプリメントはありません。

またブルーライトカット眼鏡の効果も実証されていません。

眼精疲労の治療には、原因が特定できればそれを排除することが必要です。眼鏡が合わない場合は作り直し、目の病気が発見されれば治療します。

眼精疲労に特効薬はありませんが、パソコンやスマートフォンを使用する機会の多い方は、適度な休息を取りながら作業を行うことが非常に大切です。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.11.27
冬とドライアイ
2022.11.20
ナノ粒子フェノフィブラート点眼薬
2022.11.14
ホームページメンテナンスのお知らせ
2022.11.6
40歳を過ぎたら目の定期検査を
2022.10.30
喫煙は緑内障の視野障害を進行させる
2022.10.23
糖尿病網膜症に対する遺伝子治療
2022.10.16
年末年始の診療について
2022.10.14
2022年米国眼科学会総会
2022.10.9
令和4年11月30日(水)午前:休診
2022.10.8
地中海食は萎縮型加齢黄斑変性の予防に有効

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。