診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

花粉症・アレルギー性結膜炎

4月下旬から、目の痒みと充血を訴えて受診する花粉症によるアレルギー性結膜炎の患者さんが増えてきました。

しかも、例年と比べ今年は症状が強い患者さんが多いようです。

本州ではスギ花粉症の方が多く、スギの花粉が飛散し始める2月初旬からアレルギー症状を訴える患者さんが増加します。

北海道ではスギの分布が道南の一部に限られていますので、スギ花粉症の患者さんは多くありません。

北海道の花粉症の主要な原因は、春にはハンノキやシラカバ、夏にはイネ科の牧草、秋はヨモギなどの植物です。

以前はイネ科牧草花粉症が多かったのですが、現在ではシラカバ花粉症が多いと言われています。

北海道立衛生研究所のホームページに掲載されている「札幌のシラカバ花粉の飛散状況」によると、今年は4月20日頃からシラカバ花粉の飛散が観察され始めており、例年と比べ1〜2週早く、しかも飛散量が多いことがわかります。

今年は全道的にシラカバ花粉の飛散量が多いと予想されています。

晴れて気温が高い日や、空気が乾燥して風が強い日、雨上がりの翌日や気温の高い日が2~3日続いたあとは花粉の飛散量が多くなるようです。

マスクやメガネの着用、うがいの励行は花粉を避ける効果があります。

シラカバ花粉症の方は、リンゴ・モモ・サクランボなどのバラ科果物に対しアレルギー反応を併発することがありますので、ご注意ください。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.9.24
スマートコンタクトレンズ
2022.9.17
コントラスト感度と白内障
2022.9.10
野菜と果物を多く食べる人は死亡のリスクが低い
2022.9.3
白内障手術後ケアについて
2022.8.29
高強度の運動習慣と中心性漿液性網脈絡膜症
2022.8.20
大気汚染と加齢性眼疾患
2022.8.7
スマホ使用でドライアイの子供が増加
2022.7.31
眼科コメディカル ウェビナー2022
2022.7.26
滲出型加齢黄斑変性の治療用ドラッグデリバリーシステム
2022.7.17
H B Cテレビ「今日ドキッ!」 もうひとホリのコーナー

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。