診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

喫煙と飲酒は加齢黄斑変性のリスクを高める

ブログで時々取り上げている加齢黄斑変性は、日本では失明原因疾患の第4位で、失明患者の約8%を占めています。

世界的には失明原因の第3位で、失明患者の8.7%と報告されています。

超高齢化社会の到来で、世界的に加齢黄斑変性患者は増え続け、20年後には現在の約1.5倍になると推測されています。

加齢黄斑変性は、網膜の中心部分である黄斑が加齢に伴う変化でダメージを受け、視機能に障害をきたす疾患です。

ゆがみ・かすみ、視野の中心が暗く見える(中心暗点)といった症状が進行し、視機能が損なわれるため、読書や運転が難しくなり、日常生活に支障をきたすようになります。

加齢黄斑変性には2つのタイプがあり、網膜に接する脈絡膜から網膜に向かって病的血管(脈絡膜新生血管)が生える滲出型と、黄斑の網膜細胞が脱落する萎縮型に分類されます。

アメリカ医師会が発行する国際的医学誌「JAMA」の眼科領域誌であるJAMA Ophthalmologyの電子版に、喫煙、アルコール摂取、血圧、糖尿病、肥満度を表すボデイ・マス指数と加齢黄斑変性の発症リスクとの関係を、遺伝子変異の情報を加味した最新の解析法を用いて検討した研究が掲載されました。

この研究では、以下の結果が報告されています。

  • 喫煙は滲出型および萎縮型加齢黄斑変性の発症リスクを高める
  • 禁煙は滲出型および萎縮型加齢黄斑変性の発症リスクを下げる
  • アルコールの摂りすぎは萎縮型加齢黄斑変性の発症リスクを高める
  • 高血圧や糖尿病、肥満は加齢黄斑変性のリスクに影響しない

喫煙や過剰なアルコール摂取は体内の活性酸素を増加させ、体内の酸化ストレスが増えるため、加齢黄斑変性の発症リスクを高めると考えられています。

加齢黄斑変性の予防には、タバコを吸わないこと・飲酒はほどほどにすることが有効です。

五感を使って人が得る情報の8割は視覚情報です。

生涯にわたって良好な視機能を維持することが、生活の質の維持に繋がります。

タバコとお酒。ご留意ください。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.11.27
冬とドライアイ
2022.11.20
ナノ粒子フェノフィブラート点眼薬
2022.11.14
ホームページメンテナンスのお知らせ
2022.11.6
40歳を過ぎたら目の定期検査を
2022.10.30
喫煙は緑内障の視野障害を進行させる
2022.10.23
糖尿病網膜症に対する遺伝子治療
2022.10.16
年末年始の診療について
2022.10.14
2022年米国眼科学会総会
2022.10.9
令和4年11月30日(水)午前:休診
2022.10.8
地中海食は萎縮型加齢黄斑変性の予防に有効

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。