診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

受動喫煙で小児の網膜神経線維層が菲薄化

香港の6歳から8歳の小学生3,103人を対象に、受動喫煙と網膜神経線維層の厚みについて検討した論文が、American Journal of Ophthalmologyの3月号に掲載されました。

対象児童の約1/3が受動喫煙にさらされており、受動喫煙のない児童と比べ、網膜神経線維層が薄く、網膜神経線維が脱落していることが明らかとなりました。

さらに、家族に喫煙者が多いほど、喫煙本数が多いほど、網膜神経線維層が薄くなっていました。

網膜神経線維は、光を感じ取った網膜細胞が脳に情報を伝えるためのケーブルの働きをしています。

網膜神経線維が集まり、一つの束になったものが視神経です。

網膜神経線維が脱落する最も有名な疾患が、緑内障です。

喫煙は、緑内障の発症リスクを高めることが知られています。

血縁者に緑内障患者がいる方は、緑内障を発症するリスクが4~9倍高いと言われており、緑内障の発症に関連する遺伝子が報告されています。

受動喫煙によって網膜神経線維が脱落している子供たちが、将来、緑内障を発症しやすいかについては、今後の継続調査が必要ですが、遺伝的な影響のみならず、日常の環境要因も緑内障発症に関与するかもしれません。

子供たちを受動喫煙から守ることが求められています。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.11.27
冬とドライアイ
2022.11.20
ナノ粒子フェノフィブラート点眼薬
2022.11.14
ホームページメンテナンスのお知らせ
2022.11.6
40歳を過ぎたら目の定期検査を
2022.10.30
喫煙は緑内障の視野障害を進行させる
2022.10.23
糖尿病網膜症に対する遺伝子治療
2022.10.16
年末年始の診療について
2022.10.14
2022年米国眼科学会総会
2022.10.9
令和4年11月30日(水)午前:休診
2022.10.8
地中海食は萎縮型加齢黄斑変性の予防に有効

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。