診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

加齢黄斑変性の予防-地中海式食生活

眼の内側は網膜という光を感じる神経の膜で覆われています。

網膜の中心部分は黄斑と呼ばれ、物を見るのに最も重要な働きをしています。

加齢黄斑変性は、その名の通り、黄斑部の加齢性変化によって引き起こされる病気で、黄斑の機能が損なわれるため、視野の真ん中が暗く見えなくなり、視力の低下や物が歪んで見える症状が現れます。

加齢黄斑変性に対する治療法はここ10年ほどで進歩を遂げていますし、今後も治療成績の向上が期待されます。

ただ、病気に罹ると治療しても正常な視機能には戻らないため、黄斑部の加齢性変化が進行しないよう予防に努めることが大切です。

地中海式食生活(Mediterranean diet)は、加齢黄斑変性の発症予防や進行抑制に効果がある食事とされています。

地中海式食生活は、ギリシャや南イタリアなど地中海沿岸の伝統的な食事で、健康に良いと欧米で注目されています。

地中海式食生活は以下のような特徴があります。

  1. ・オリーブオイルの摂取が多い。
  2. ・新鮮な野菜や果物、豆類の摂取が多い。
  3. ・魚介類や鶏肉の摂取が多く、赤身肉の摂取は少ない。
  4. ・デザートやおやつには、ケーキやクッキーよりも果物・ナッツを摂取する。
  5. ・適量のワインや乳製品の摂取。

加齢黄斑変性の予防には以下のような食事が有効です。

  1. ・ルテインやゼアキサンチンを多く含む緑黄色野菜の摂取。
  2. ・活性酸素を体から排除する作用(抗酸化作用)を有するビタミンCやEなどのビタミン類やポリフェノールを含んだ食材の摂取。
  3. ・抗酸化作用を有する亜鉛(牡蠣やホタテ、ナッツ類に多く含まれる)などのミネラルを含んだ食材の摂取。
  4. ・善玉コレステロールの素となる不飽和脂肪酸を摂取し、悪玉コレステロールの素となる飽和脂肪酸の摂取を控える。

オリーブオイルにはオレイン酸という不飽和脂肪酸や、ポリフェノールやビタミンEが豊富に含まれています。

魚の脂は不飽和脂肪酸が豊富で、特にサバなどの青魚にはEPAや DHEといった不飽和脂肪酸がたくさん含まれています。

ケーキやクッキーには飽和脂肪酸が含まれており、美味しいのですが要注意です。

ワインにはポリフェノールが含まれていますので、適量の摂取なら抗酸化作用が得られます。

地中海式食生活の特徴と加齢黄斑変性の予防食品の特徴を比べると、

地中海式食生活が加齢黄斑変性の予防に適した食習慣であることがわかります。

加齢黄斑変性の予防には食生活以外にも、禁煙が重要です。

喫煙は体内の活性酸素を増やしてしまいます。せっかく抗酸化作用のある食事をしても、喫煙で活性酸素を増やしてしまっては元の木阿弥です。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.6.26
ブルーライトカット眼鏡でデジタル機器眼精疲労が改善する根拠なし
2022.6.13
絵封筒の ABC
2022.6.7
令和4年お盆休暇
2022.6.6
加齢黄斑変性 サプリメント
2022.6.4
7月27日(水)午前休診
2022.6.2
お酒と緑内障
2022.5.25
6月9日(木) 午後の受付は3時からです
2022.5.21
目の紫外線対策
2022.5.15
2022年 ARVO 年次総会
2022.5.8
花粉症・アレルギー性結膜炎

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。