診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

点字毎日5000号 1922創刊

7月22日の毎日新聞に「点字毎日5000号 1922創刊」という記事が載っていました。

点字毎日は毎日新聞が1922年(大正11年)に創刊した日本唯一の週刊点字新聞で、7月26日号で記念すべき通巻5000号になるそうです。

毎日新聞の記事には

ラジオ放送もなかった1922年に創刊。戦火に見舞われた昭和、災害が相次いだ平成、新型コロナウイルス禍の令和と、創刊以来約1世紀にわたり、一度も休刊せず全盲の読者とともに歩んできた。

発刊の目的は、視覚障害者に「自ら読みうる新聞を提供し、新聞の文化的使命を徹底」すること。現在日曜発行で、A4判60ページ。毎日新聞の点訳ではなく、障害福祉問題を中心に独自に取材、編集している。

今回のコロナ禍では、指点字など人に触れるコミュニケーションが必要な盲ろう者の生活の実情や、視覚障害者へ情報支援する点字図書館の取り組みなどを詳報してきた。」 とあります。

ネットを検索すると、点字毎日編集部を取材した國富友希愛さんの記事が見つかりました。

この記事によると、点字毎日には3つの役割があり、一つ目は、“伝える”。わかりやすい言葉で、視覚障害者の方に“伝える”役割。

二つ目は、“つながる”。盲界(視覚障害者のコミュニテイ)にとっての再会の場であり、出会いの場であり、つながりを生む媒体であること。

三つ目は、“のこす”。創刊後の100年間に視覚障害者がどういうことを考えてきたのか、さらにこれからも残していく媒体。

さらに國富友希愛さんの記事によると、初代編集長の中村京太郎氏は、「点字毎日は、目の見えない人のためであり、かつ目の見える人の意識を変える存在」だという理念を持っておられたそうです。

点字毎日は1世紀にわたり、視覚にハンデを持つ方のつながりの場を提供し、孤立を防ぎ、社会進出への道を切り開いて来られました。

必ずしも十分に社会参加できるような環境になかった障害を持った方々が、積極的に参加・貢献できる共生社会の構築が求められていますが、

障害者施設殺傷事件など共生とは反対の内向きなニュースも散見されます。

100年前に既に共生の理念を持っておられた中村京太郎氏は、現在の社会をどのように評価されるでしょうか?

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2024.2.18
若年者の裂孔原性網膜剥離
2024.2.11
自宅照度が高齢眼科患者の自宅活動量を規定 
2024.2.3
適度な運動は眼疾患を予防する
2024.1.27
網膜静脈閉塞症は脳卒中/心筋梗塞/死亡リスクが高い
2024.1.20
滲出型加齢黄斑変性・糖尿病黄斑浮腫に朗報
2024.1.14
強度近視では成人後も近視が進行しやすい
2024.1.6
眼疾患が転倒・骨折のリスクを高める
2023.12.24
2023年最も読まれたJAMA Ophthalmology論文ベスト10
2023.12.17
アルツハイマー病治療薬「レカネマブ」が保険適用に
2023.12.9
教育と近視について

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。