診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

高額療養費制度について

  • 眼科でも高額になる治療がいくつかあります。
  • 手術・硝子体注射・レーザーなど、保険扱いでもかなり高額になることがあります。
  • そのような時に、高額療養費制度を利用することにより、患者様の自己負担額を減らすことができます。
 
  • 高額療養費制度の利用方法には、2パターンがあります。
  • 1つは、先に「限度額適用認定証」を、加入する健康保険窓口(国民健康保険または社会保険)に申請し交付してもらい、医療機関窓口で限度額まで支払う方法、
  • もう1つは、医療機関で通常の支払いをし、後から加入する健康保険窓口に申請し、払い戻しを受ける方法です。
 
  • 高額療養費制度では、年齢や所得により、一つの医療機関で、1か月間に患者様が医療機関窓口に支払わなければならない総額の上限(自己負担限度額)が決まっています。
  • 上限を超えた金額について、患者様の負担が免除されます。
 
  • 「限度額適用認定証」は、ご自身で申請していただきます。
  • 国民健康保険であれば、区役所(役場)へ、社会保険であればお勤め先などに交付を申請してください。70歳以上の方は申請不要です。
 
  • 70歳以上の患者様の1か月間にかかる限度額は以下の通りです。
  • 平成29年7月までは、1割・2割負担の方は12,000円、3割負担の方は44,400円
  • 平成29年8月からは、1割・2割負担の方は14,000円、3割負担の方は57,600円です。
  • 住民税非課税の方は8,000円となります。
 
  • 70歳未満の方は、所得により5つの区分(ア・イ・ウ・エ・オ)に分かれており、「限度額適用認定証」に記載されている記号によって、限度額が異なります。
 
  • 当院では高額な治療をする方には、高額療養費制度の利用をおすすめしております。
  • ご不明な点がありましたら、パンフレットなどを用いてご説明いたしますのでお申し付けください。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.6.26
ブルーライトカット眼鏡でデジタル機器眼精疲労が改善する根拠なし
2022.6.13
絵封筒の ABC
2022.6.7
令和4年お盆休暇
2022.6.6
加齢黄斑変性 サプリメント
2022.6.4
7月27日(水)午前休診
2022.6.2
お酒と緑内障
2022.5.25
6月9日(木) 午後の受付は3時からです
2022.5.21
目の紫外線対策
2022.5.15
2022年 ARVO 年次総会
2022.5.8
花粉症・アレルギー性結膜炎

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。