診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

黒目に印刷模様?

  • 先日、夜間急病センターでの診療のことです。
  • 20代の女性が、両目を真っ赤にし、涙を流しながら診察室に入って来ました。
 
  • 診ると、両眼とも白目(結膜)は真っ赤に充血し、
  • 黒目(角膜)の表面には沢山の小さな傷。
  • さらに幅2ミリ程の模様が黒目の輪郭に沿ってぐるっと付いていました。
 
  • 患者さんは普段からカラコン(カラーコンタクトレンズ)を使っており、ネットで購入しているとのことでした。
  • 当日は午前中から目の調子が悪く、夕方にコンタクトを外したそうです。
  • 外すと逆に痛みが強くなり、涙も出るし、鼻水も。
  • 夜になっても一向に良くならないため、急病センターを受診されたそうです。
 
  • 角膜には涙を通して酸素が供給されます。
  • カラコンに限らず全てのコンタクトレンズは、角膜への酸素供給を減らす傾向にあります。
  • 極度の酸素不足は角膜にストレスを与え、細胞が脱落したり、炎症が起きたりします。
 
  • コンタクト開発の歴史は、角膜への酸素供給のためのコンタクト素材改良の歴史です。
  • もちろん、コンタクトと角膜の間の涙が上手く交換され、常に酸素の多い新鮮な涙が角膜上にあるように、コンタクトのフィッティングも大切です。
 
  • 今回の患者さんはコンタクト装用時、既に角膜に傷が付いていたと思われます。
  • コンタクトを外すと、コンタクトで覆われていた角膜の傷が露出します。
  • 瞬きすると擦れ、傷を刺激し、痛みが増強したのです。
 
  • 角膜に付いた模様は、カラコンの模様です。
  • 国民生活センターの調査で、カラコンの模様が溶け出す製品があると報告されています。
  • 模様の染料には金属や化学物質が含まれていて、炎症を引き起こします。
 
  • 装用期間を守もって、異常があったらすぐに眼科を受診してください。
  • 異常がなくても、時には眼科で検査を受けてください。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2024.2.18
若年者の裂孔原性網膜剥離
2024.2.11
自宅照度が高齢眼科患者の自宅活動量を規定 
2024.2.3
適度な運動は眼疾患を予防する
2024.1.27
網膜静脈閉塞症は脳卒中/心筋梗塞/死亡リスクが高い
2024.1.20
滲出型加齢黄斑変性・糖尿病黄斑浮腫に朗報
2024.1.14
強度近視では成人後も近視が進行しやすい
2024.1.6
眼疾患が転倒・骨折のリスクを高める
2023.12.24
2023年最も読まれたJAMA Ophthalmology論文ベスト10
2023.12.17
アルツハイマー病治療薬「レカネマブ」が保険適用に
2023.12.9
教育と近視について

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。