診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

加齢黄斑変性—治療中断

  • 米国医師会から出版されているJAMA Ophthalmologyの11月号に、滲出型加齢黄斑変性に対する眼内注射治療(抗血管内皮増殖因子療法)中に来院が途絶えた患者に関する論文が掲載されました。
 
  • 研究対象者は米国で治療が行われた9007人。
  • 平均年齢は81歳で、日本の患者さんよりはご高齢な印象です。
  • 女性は5917人(65.7%)。加齢黄斑変性は、欧米では女性の方が男性よりも多く、日本では男性の方が多いと報告されています。
 
  • この研究では実に2003人(22.2%)の患者さんの通院が途絶えてしまいました。
  • 5人に1人というのは、残念ながら驚くほどの高値です。
 
  • さらに通院途絶の割合はご高齢になるほど高く、医療機関から遠くにお住いの患者さん、片眼のみ罹患している患者さんも通院が途絶しやすいことが報告されました。
 
  • ご高齢の患者さんの通院にはご家族の支援が必要な事が多く、医療機関が遠いとさらに支援を要する事になります。
  • 何より通院に時間がかかるのは不便です。体力的にも負担です。
 
  • 片方の目が見えていると、罹患眼への治療意欲が低くなるようです。
  • ただ、良かった眼も経過中に治療を要する状態になる可能性が高いのが加齢黄斑変性です。
 
  • 加齢黄斑変性は放置すると進行する疾患です。
  • 長期の治療、経過観察が視機能の改善・維持に大切です。
  • 通院途絶は、治療で改善した視機能が低下する危険性があります。
 
  • 患者さんは年齢や眼の状態、居住地や体調など、お一人お一人異なります。
 
  • 患者さんやご家族の負担を軽減しながら治療効果を長期的に維持する個別化治療が必要です。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.11.27
冬とドライアイ
2022.11.20
ナノ粒子フェノフィブラート点眼薬
2022.11.14
ホームページメンテナンスのお知らせ
2022.11.6
40歳を過ぎたら目の定期検査を
2022.10.30
喫煙は緑内障の視野障害を進行させる
2022.10.23
糖尿病網膜症に対する遺伝子治療
2022.10.16
年末年始の診療について
2022.10.14
2022年米国眼科学会総会
2022.10.9
令和4年11月30日(水)午前:休診
2022.10.8
地中海食は萎縮型加齢黄斑変性の予防に有効

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。