診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

猫ひっかき病

  • 先日、複数の報道番組が「アメリカの男性が飼い犬に舐められたことをきっかけに手足を切断する事態となった。」というニュースを報じました。
 
  • 犬や猫の口の中に常在するカニモルサス菌が人の指先などの傷口から感染し、全身に炎症が広がり、血管が詰まることで組織障害が拡大し、手足の切断に至るケースがあるようです。
 
  • 日本の犬や猫も高率にカニモルサス菌を保有しているとのことです。
 
  • 今回の症例は急激に重篤な病状に陥ったようですので、眼への影響については報じられていませんが、過去の報告例によりますと、眼にも炎症が波及する症例があるようです。
 
  • 眼科領域では、犬や猫などのペットに噛まれたり引っ掻かれたりすることで発症する病気として、「猫ひっかき病」が有名です。
 
  • 猫ひっかき病は、バルトネラ菌というペットの口の中や爪の内側に常在する細菌が原因です。
 
  • 症状は主にリンパ節の炎症で、犬や猫に引っ掻かれた後10日頃から傷が赤く腫れ、リンパ節が腫れ上がります。微熱や全身倦怠、関節痛などの症状がみられます。
 
  • 眼の合併症として、耳前リンパ節の腫脹を伴う結膜炎や視神経網膜炎、ぶどう膜炎を発症することがあります。視神経や網膜・ぶどう膜を栄養する血管に炎症が起こります。
 
  • 眼内の炎症が強くなると、視力低下など視機能に大きな障害をもたらします。
 
  • 眼の炎症は、血流を介しバルトネラ菌が眼内に侵入したことが原因ではなく、細菌を排除しようとするカラダの免疫反応が、眼内において特異的に血管炎として現れると推測されています。
 
  • 従って、免疫反応を抑える効果を有するステロイド剤が、猫ひっかき病の眼内炎症に対する治療薬として有効です。
 
  • ペットと暮らす家庭が増えている昨今です。
  • 病気の始まりは風邪に似た症状です。
  • いつもと違う風邪症状の時はご注意ください。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.11.27
冬とドライアイ
2022.11.20
ナノ粒子フェノフィブラート点眼薬
2022.11.14
ホームページメンテナンスのお知らせ
2022.11.6
40歳を過ぎたら目の定期検査を
2022.10.30
喫煙は緑内障の視野障害を進行させる
2022.10.23
糖尿病網膜症に対する遺伝子治療
2022.10.16
年末年始の診療について
2022.10.14
2022年米国眼科学会総会
2022.10.9
令和4年11月30日(水)午前:休診
2022.10.8
地中海食は萎縮型加齢黄斑変性の予防に有効

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。