診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

中外製薬 眼科医配布パンフレット「Ask the expert in nAMD」

中外製薬株式会社のバビースモという滲出型加齢黄斑変性(nAMD)・糖尿病黄斑浮腫・網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫に対する治療薬を紹介する眼科医向けのパンフレットが出来上がり、6月末頃から全国の眼科医への配布が開始されました。

今回のパンフレットは、「滲出型加齢黄斑変性治療のエキスパートへの質問」というタイトルで、僭越ながら私が質問にお答えした内容をまとめたものです。

滲出型加齢黄斑変性に対する治療は、血管内皮増殖因子阻害薬を目の中に、

定期的・継続的に注射することで、視力を改善させ、これを維持することができます。

継続的に長期間の治療が必要であることによる患者様の時間的負担、

薬剤は保険診療の適応ですが、薬剤が高価格であるこによる金銭的負担、さらに

外来受診にご家族のサポートを要する高齢の患者様では、ご家族にも負担がかかります。

これらの負担を軽減するために開発された薬剤の一つがバビースモです。

臨床治験では薬剤の投与間隔を16週まで延長できた症例が45.7%、12週が34.0%でした。

従来の薬剤では一般的に4週から12週間隔の投与ですので、バビースモは投与間隔を延長することができます。

私の施設で行った、従来の薬剤からバビースモに変更し投与間隔の延長を図った研究でも、病状を悪化させることなく投与間隔を延長できることが確認確認されました。

北海道の地域性から遠方から通院される患者様が多いため、患者さんやご家族の負担軽減のために、安全に投与間隔を延長することが求められます。

患者様が実感できる日常生活に支障のない視機能を維持すること、実感できる投与間隔の延長が治療の継続につながり、治療中断による視機能低下を防ぐことになります。

ところで、このパンフレットには私の似顔絵と思われるイラストがあるのですが、似てますか?

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2024.7.11
減量薬は前部虚血性視神経症のリスクあり?
2024.7.4
中外製薬 眼科医配布パンフレット「Ask the expert in nAMD」
2024.7.1
Retina update seminar in Chugoku〜明日から役に立つアレ!〜
2024.6.14
「目の紫外線対策」- 札幌テレビ「どさんこワイドニュース」
2024.6.7
裂孔原性網膜剥離は世界的に増加傾向です
2024.6.1
慢性腎臓病は加齢黄斑変性を進行させる
2024.5.28
眼疾患では気付かぬうちに視機能障害が進んでしまう
2024.5.18
加齢黄斑変性・糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF療法で自動車運転に必要な視機能の維持を
2024.5.10
ダビンチ手術と緑内障
2024.5.7
6月22日(土)休診です

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。