診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

ウェブ予約

アルツハイマー病治療薬「レカネマブ」と加齢黄斑変性

日本の製薬会社エーザイと米国のバイオジェンが開発したアルツハイマー病治療薬「レカネマブ」が米国食品医薬品局(FDA)に承認されました。

アルツハイマー病患者の脳には、症状が現れる20~30年前から“アミロイドベータ”という異常タンパクが溜まり始めることが知られています。

レカネマブは、脳に蓄積するアミロイドベータを除去する薬剤で、臨床治験では早期のアルツハイマー病患者で病気の進行を27%遅らせる効果が確認されました。

2018年のブログでご紹介しましたが、アミロイドベータは加齢に伴い網膜にも溜まります。

視野の真ん中が見え難くなったり、物がゆがんで見えることで視力低下が進行する加齢黄斑変性では、網膜の中央付近(黄斑部)にドルーゼンと呼ばれる黄白色の物質が沈着します。

このドルーゼンの構成成分がアミロイドベータです。

さらに、アルツハイマー病患者さんは、加齢黄斑変性の発症リスクが高いことが知られており、アルツハイマー病と加齢黄斑変性の発症には、何らかの関連性があるのではと考えられれいます。

脳に蓄積するアミロイドベータを除去するレカネマブは、網膜に蓄積するアミロイドベータも除去できるのではと期待されます。

国際アルツハイマー病協会によると、米国のアルツハイマー病患者の数は600万人以上で、エーザイはレカネマブの発売後3年間で米国のアルツハイマー病患者約10万人がこの薬剤を使用すると推計しています。

10万人のアルツハイマー病患者の中には加齢黄斑変性を患っている患者が含まれていることが予想されます。

これらの患者さんの副次効果として、眼科検査でドルーゼンが減ったとか改善したという結果が報告されることを期待しています。

そうなると、アミロイドべータをターゲットとした加齢黄斑変性治療薬の開発が活発となり、加齢黄斑変性に対する初期治療薬が誕生するかもしれません。

エーザイは日本やEUなどでもレカネマブのアルツハイマー病治療薬として承認を申請中です。

アルツハイマー病も加齢黄斑変性も高齢者の日常生活に様々な支障をもたらし、生活の質を低下させる疾患です。

日本での承認が待たれます。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2024.6.14
「目の紫外線対策」- 札幌テレビ「どさんこワイドニュース」
2024.6.7
裂孔原性網膜剥離は世界的に増加傾向です
2024.6.1
慢性腎臓病は加齢黄斑変性を進行させる
2024.5.28
眼疾患では気付かぬうちに視機能障害が進んでしまう
2024.5.18
加齢黄斑変性・糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF療法で自動車運転に必要な視機能の維持を
2024.5.10
ダビンチ手術と緑内障
2024.5.7
6月22日(土)休診です
2024.5.7
5月25日(土)受付は午前10時で終了いたします
2024.4.29
赤色治療(Low-Level Red Light, LLRL)が近視進行を予防
2024.4.19
目に良い食べ物と栄養素

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。