診療予約専用 011-788-2210

お問い合わせ 011-708-1010

月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

腸内細菌とドライアイ

  • 7月9日(土)、北海道眼科医会とわかもと製薬の共催で講演会を行いました。
 
  • 本講演会は “涙”に焦点を当て企画しました。
 
  • 岡山県玉野市の井上康先生(井上眼科院長)は「流涙症について」、
  • 慶應大眼科教授の坪田一男先生は「腸内細菌に注目したドライアイサプリ」
  • と題しご講演下さいました。
 
  • ところで皆さんも「腸内細菌とドライアイ?」って思いますよね。
 
  • ヒトの腸管内では多種・多様な細菌が絶えず増殖を続けていて、
  • 腸内細菌と呼ばれています。
  • 腸内細菌の数はおよそ100兆個。
  • その種類は一人あたり数百種にのぼり、
  • その構成は食習慣や年齢などによって一人ひとり異なっています。
 
  • 腸内細菌は、健康と密接な関係があります。
  • 腸の働きは脳の働きや人の体を守る免疫にも関係し、
  • カラダの働きを調整しています。
  • 目は脳の一部と考えられていますので、
  • 腸の働きと目の病気も密接に関連していることが解ってきました。
 
  • 坪田先生は、乳酸菌を含むサプリメントの服用が腸内細菌を整え、
  • ドライアイ症状の改善につながることをご解説下さいました。
 
  • ドライアイサプリメントには乳酸菌の他、
  • 悪玉菌の生育を抑え腸内環境を改善するラクトフェリン、
  • 抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、
  • 網膜に有効なルテインなどが含まれています。
 
  • 眼科疾患の多くは加齢性変化です。
  • 腸内細菌を整え全身状態を整え、ドライアイを治す。
 
  • ドライアイサプリメントはまさにアンチエイジングと言えるかも知れません。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2022.8.7
スマホ使用でドライアイの子供が増加
2022.7.31
眼科コメディカル ウェビナー2022
2022.7.26
滲出型加齢黄斑変性の治療用ドラッグデリバリーシステム
2022.7.17
H B Cテレビ「今日ドキッ!」 もうひとホリのコーナー
2022.7.10
緑内障 ACジャパン テレビC M 
2022.7.2
令和3年度児童生徒の近視実態調査の結果
2022.6.26
ブルーライトカット眼鏡でデジタル機器眼精疲労が改善する根拠なし
2022.6.13
絵封筒の ABC
2022.6.7
令和4年お盆休暇
2022.6.6
加齢黄斑変性 サプリメント

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

診療予約専用011-788-2210

お問い合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。