お問い合わせ011-708-1010
月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

飛蚊症〜目の前に虫のような影が動いて見えるようになったら

 
  • 眼球の約2/3は硝子体(しょうしたい)という
  • 生卵の白身のような透明でドロッとした物質が詰まっています。
  • 硝子体は光が網膜に届くための光の通路です。
 
  • 光の通路である硝子体に濁りが生じ、網膜に影を落とします。
  • この濁りが眼球の動きに合わせて硝子体中を浮遊するため、
  • 網膜上の影も動き、あたかも目の前に蚊が飛んでいるように感じます。
 
  • 硝子体の濁りの大きさや形、影の濃さは
  • 濁りの原因疾患によって異なります。
  • 急に生じた? その後、悪化しているか?
  • 片眼性か両眼性か?
  • 以前の眼の病気は? なども、
  • 原因疾患を知る上で重要な情報となります。
 
  • 飛蚊症の原因として最も多いのは、硝子体の加齢性変化です。
  • 加齢性変化により硝子体に線維状の混濁物が浮遊するようになり、
  • 飛蚊症が出現することがあります(生理的飛蚊症)。
 
  • 硝子体の加齢性変化がさらに進行すると
  • 網膜と接着していた硝子体が網膜から剥離する、
  • 後部硝子体剥離が生じます。
  • この際、視神経乳頭から分離した線維組織が硝子体に漂うようになり、
  • ある日突然、黒い影が出現するようになります。
 
  • 硝子体と網膜の癒着が強い部位があると、
  • 後部硝子体剥離の進行過程でその部位の網膜が裂け、
  • 網膜裂孔が生じることがあります。
  • その際、網膜血管が切れ、出血し、
  • 出血が硝子体を浮遊し(硝子体出血)、飛蚊症が生じます。
  • 出血量が多いと硝子体全体が濁り、視力が低下します。
  • 少量の場合は、「墨を流したような大きな影」あるいは
  • 「雲のような影が見える」と言った症状になります。
 
  • 網膜裂孔は裂孔原性網膜剥離(いわゆる網膜剥離)に進展する危険性がありますので、早急に眼底検査を行う必要があります。
 
  • 網膜裂孔以外にも硝子体出血の原因となる疾患として
  • 増殖糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症・網膜細動脈瘤・加齢黄斑変性
  • などが挙げられます。
 
  • 眼の中にぶどう膜炎などの炎症性疾患が生じると
  • 炎症細胞や血管からの血液成分が硝子体に現れ、
  • 飛蚊症の原因となることがあります。
 
  • 生理的飛蚊症や合併症の無い後部硝子体剥離による飛蚊症は、
  • 標準的な治療指針では治療の対象とはならず、放置可能です。
  • ただし後部硝子体剥離は網膜裂孔・網膜剥離が生じるリスクがありますので、
  • 突然の飛蚊症出現時には早急な眼底検査、注意深い経過観察が必要です。
 
  • もちろん他の疾患による飛蚊症の場合は、疾患に合わせた治療を行うことになります。

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

お問合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。