お問い合わせ011-708-1010
月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

加齢黄斑変性の新薬、年内承認申請へ

4月8日、日刊薬業という医薬品産業に関する情報を扱う業界新聞に、「新規加齢黄斑変性薬、年内承認申請へ」という記事が掲載されました。

スイスに本社のあるノバルテイスが、滲出性加齢黄斑変性に対する新たな薬剤の開発を進めており、国際共同臨床試験の結果を受け、年内に厚生労働省に新薬の承認申請をする予定であるとのことです。

順調に行けば、来年にも新薬が承認され、その後、医療現場で新薬の使用が可能になります。

新薬は既存の治療薬と比べ薬の効果が長持ちし、投与間隔が延長するとみられており、眼内注射に伴う患者や付き添い家族の負担が減少すると期待されます。

この薬剤は既存の治療薬よりも眼の組織への移行性が良いことや、全身への副作用が少ないなどの特徴を持っています。

国際共同臨床試験では、治療開始当初は既存の治療薬と同様に月1回、3カ月連続の投与を行い、その後は3カ月に1回の投与することで、治療効果は既存の治療薬と比べ同等かそれ以上であることが確認されました。(比較対照となった既存の治療薬は2カ月毎の投与でした。)

新薬の価格や患者の費用負担について、現時点では決まっていません。

滲出性加齢黄斑変性に対する治療では、経過中に治療を中断する患者の割合が多いことが報告されており、通院の大変さや付き添い家族の負担、費用負担などが理由に挙げられています。

有効で安全な薬剤による治療を、通院や費用などの負担が少なく行えるようになって欲しいです。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2020.3.12
4月9日(木)・18(土)休診
2020.3.11
白内障手術後のメラトニン分泌増加
2020.3.5
緑内障による視機能障害を防ぐために今日からできる10項目
2020.2.29
手術当日における新型コロナウイルス感染予防対策
2020.2.24
黄斑前膜
2020.2.14
眼窩底骨折
2020.2.9
眼科3団体が「近視のテレビ報道」に注意喚起
2020.2.4
当院でのウイルス対策
2020.1.28
萎縮型加齢黄斑変性の治療薬 第2相治験結果
2020.1.20
食生活と加齢黄斑変性

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

お問合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。
火曜午後は主に硝子体手術・緑内障手術、
金曜午後は主に白内障手術を行います。