お問い合わせ011-708-1010
月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

アメリカ食品医薬品局が遺伝子治療薬を認可

  • 平成29年もお大晦日となりました。
  • 締めにふさわしい、未来につながる大きな一歩、パラダイムシフトをもたらす話題を紹介します。
  • 9月のブログで、遺伝性網膜ジストロフィに対する遺伝子治療の研究成果がLancetという医学雑誌に掲載されたことを紹介しました。
  • 遺伝性網膜ジストロフィは、網膜の働きに関わる遺伝子の一つが変異したため、網膜細胞の機能低下や脱落が起こり、視力低下と視野狭窄が進行する疾患です。
  • 12月19日、アメリカ食品薬品局(FDA)はRPE65遺伝子の変異を治すアデノ随伴ウイルス(AAV2)ベクター製剤を治療薬として承認しました。
  • 今回、遺伝子治療薬がアメリカで初めて承認されました。
  • FDAはアメリカ合衆国保健福祉省(HHS)の配下の政府機関で、HHSは日本の厚生労働省に相当する機関です。
  • これまで網膜色素変性症やレーベル先天黒内障といった遺伝性網膜ジストロフィに対する有効な治療法はありませんでした。
  • 今回の治療薬は生まれつきの遺伝子異常を正すことで、網膜機能を取り戻し、視力向上や視野障害の改善をもたらす治療です。
  • 治らないと考えられていた病気が治る時代が到来しようとしています。
  • 来年がもっと良い年になりますように。

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2020.3.12
4月9日(木)・18(土)休診
2020.3.11
白内障手術後のメラトニン分泌増加
2020.3.5
緑内障による視機能障害を防ぐために今日からできる10項目
2020.2.29
手術当日における新型コロナウイルス感染予防対策
2020.2.24
黄斑前膜
2020.2.14
眼窩底骨折
2020.2.9
眼科3団体が「近視のテレビ報道」に注意喚起
2020.2.4
当院でのウイルス対策
2020.1.28
萎縮型加齢黄斑変性の治療薬 第2相治験結果
2020.1.20
食生活と加齢黄斑変性

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

お問合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。
火曜午後は主に硝子体手術・緑内障手術、
金曜午後は主に白内障手術を行います。