お問い合わせ011-708-1010
月~土 午前 9:00~12:00/月・水・木 午後 14:00~17:30
手術日 火・金の午後 / 休診日 日曜・祝日

交通アクセス [札幌駅徒歩3分]
交通アクセス

閉じる

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性新薬:アンキリン反復タンパク質

6月1日(土)、埼玉県大宮市にお招きいただき、滲出型加齢黄斑変性の長期治療について講演して参りました。 懇親会の席で、先日のブログで紹介したノバルテイス社の新薬や、アラガン社が開発中の新薬が話題に上り…

この記事を見る

加齢黄斑変性に対する他家iPS細胞を用いた治療の1年後成績

先週末は東京で開催された第123回日本眼科学会総会に参加しました。 総会初日の4月18日、理科学研究所と神戸市立中央市民病院などのチームは、他人のiPS細胞(他家iPS細胞)から作った網膜色素上皮細胞…

この記事を見る

加齢黄斑変性の新薬、年内承認申請へ

4月8日、日刊薬業という医薬品産業に関する情報を扱う業界新聞に、「新規加齢黄斑変性薬、年内承認申請へ」という記事が掲載されました。 スイスに本社のあるノバルテイスが、滲出性加齢黄斑変性に対する新たな薬…

この記事を見る

私の論文がIOVSに掲載

私の執筆した論文がIOVS(Invest Ophthalmol Vis Sci)に掲載されました。   IOVSは、毎年ゴールデンウイークの頃に北米の都市で学会が開催されるARVO (視覚と…

この記事を見る

「野菜・果物・魚」が加齢黄斑変性を予防

「野菜・果物・魚」、バランスの良い食事が加齢黄斑変性の発症を予防するという研究結果が、2月号のAmerican journal of Ophthalmologyに掲載されました。   この研…

この記事を見る

「昨日から左眼の鼻側が見えない」

先日、「昨日から左眼の鼻側が見えない、加齢黄斑変性になった。」と訴えて、60歳台の男性が来院されました。   この訴えで、私は別の病気を疑い診察をしました。   予想通り、中心部も…

この記事を見る

加齢黄斑変性—治療中断

米国医師会から出版されているJAMA Ophthalmologyの11月号に、滲出型加齢黄斑変性に対する眼内注射治療(抗血管内皮増殖因子療法)中に来院が途絶えた患者に関する論文が掲載されました。 &n…

この記事を見る

ルテイン

ルテインという単語を耳にする機会が増えているかと思います。 ルテインを含有するサプリメントの広告を見かけますし、最近はルテインを添加した食品も増えています。   ルテインは、カロテノイドと呼…

この記事を見る

台湾での講演

9月15、16日は台湾眼科学会にお招きいただき、計3回の講演をして参りました。講演はいずれも加齢黄斑変性の治療に関する内容です。   15日夜は台北で開催されたシンポジウムで講演し、16日は…

この記事を見る

カテゴリー

アーカイブ

最新の記事

2019.6.23
薬剤性角膜障害
2019.6.15
睡眠中の明かりが近視を誘発
2019.6.13
令和元年お盆休み
2019.6.7
加齢黄斑変性新薬:アンキリン反復タンパク質
2019.5.31
米国食品医薬品局、2億3200万円の薬剤承認
2019.5.25
6月12日(水)午後の診療
2019.5.25
6月13日(木)受付時間変更
2019.5.23
子供のスマホなどの画面機器使用について
2019.5.7
日本最古の眼科専門医療機関
2019.5.15
緑内障診断AI

ひきち眼科HIKICHI EYE CLINIC 理事長・院長引地 泰一

〒060-0807 北海道札幌市北区北七条西5-7-1札幌北スカイビル14階
JR札幌駅西口、または北口から徒歩3分
ヨドバシカメラ様より北向かいのビルの14階になります。

お問合わせ011-708-1010

受付時間
診療受付
9:00~12:00 -
14:00~17:30 - -

▲は手術日になります。また日曜・祝日は休診となります。
火曜午後は主に硝子体手術・緑内障手術、
金曜午後は主に白内障手術を行います。